担当の神さまに愛されてますか?

  • 2020.02.07 Friday
  • 00:13

人はこの世に出生したら、近くの神社の神さまに報告に行きます。

この子が健康に健やかに成長しますようにと、その土地の氏神様にご挨拶に行くのが

日本の伝統行事のお宮参りです。

親の願いは皆、子供が病気をせずに健やかに育ちますようにと、願いを込めて神さまに報告に行く

のです。

その土地の氏神様(産土の神とも言う)は、喜んでその子の一生を担当して管理してくれるのです。

大人になって他の何処の土地にへ行こうとも、神さまはネットワークで繋がってるから、うちの

○○○○がそちらに行くから宜しく頼むと、お願いしてくれているのです。

一生死ぬまで、産土神は貴方を管理して見守ってくれるのです。(※とても有り難い貴方の神様です)

下の写真の絵は違いますよ(笑)

神様の声は聞こえても顔は見せません。私も色んな経験をしましたが神様の顔は未だ見たことないです。

そして生まれた子供の心にも神さまは宿ります。ほぼ全ての人間の体の中に神様は宿っています。

たとえ仏教徒でも、キリスト教でも、ヒンドゥー教でも同じです。自分の体の中に神が宿るのです。

日本の神様は沢山います。八百万の神と言うけど、八百万どころじゃないでしょうね〜・・・

出来ることなら、全ての神様に愛されたいのですがまず不可能です。

神様にも、好き嫌いがあるのです。

私は嫌いな神様はいないけど、とても身近で大好きな神様と、それほどでもない神さまもいます。

威厳がありすぎて、近寄りがたい神様もいらっしゃいます。

私を見守ってくれてる産土の神様は優しくて、とても器の大きな神様で、あまり私を叱りません。

助けてもらったことも何度もあります。でも、叱られたことはないです。

試練を与えられたことはありますけどね〜・・・

私は自分の神様とウケヒ(契約)をしています。

それは「世の中の道具となり、人を助け、必要とされるように努力する」というウケヒなのです。

少々馬鹿な事をしても・・世の中の道具となり、人を助け、必要とされるように努力しています。

これ悪いことですか?と開き直ると、それもそうじゃの〜と言ったか、どうか知らないけど(笑)

私が神様なら、叱りません。人としてのルールを守れよ!くらいは言うかも知れませんが・・・

 

そして自然を愛し、全てのものに感謝して楽しんでいると人生はバラ色に感じます。

生きていると云う実感が湧くのです。

バラの花一つにしても、絵の具や、写真では表せません。深紅の色、香り、立体感等・・・

自然の風に揺られ、香りを放つ生命力のある生き生きとした姿は絶対表現できないのです。

 

暑ければ暑いと冷房を付け、寒ければ暖房を付け、家の中に閉じこもって快適だぁ〜と、テレビゲーム

をしている子供達を見ると可哀想に見えます。(年寄りだな〜:笑)

テレビを見るほど馬鹿になるって聞いたことないですか?

統計なのですが、頭のいい人ほどテレビの視聴時間が短いそうですよ。

頭の悪い人ほど余計な情報で頭がいっぱいだとか・・この俳優のお父さんが誰々で、離婚して誰々と結婚

したけど、浮気して・・このお父さん嫌いだからこのドラマ見ないとか(関係ないじゃんと思うけどね)

私の知り合いの頭の良い人は、ラジオは聞くけどテレビはほとんど見ませんね。

テレビ見る時間がもったいないと・・・分かる気がします。

書きたいことはあるのですが、これ以上は話題がそれるので此処までにしますね。

・・・・・・・・・・・・・・・

神様は沢山います。気性の荒い神も、おとなしい神も、女性の神も、山の神、海の神、川の神、田の神、

先祖神、竜神等、七福神も皆、それぞれ性格が違います。

全ての神に好かれることは不可能かも知れませんが、要するに身近な神様(産土の神:氏神様)

に、可愛い奴だと好かれることが大事なのです。愛されるように努力することです。

 

神様に好かれる方法ですか?・・・・

簡単なことです。

貴方が神様の気持ちになれば直ぐ分かります。

貴方の近くの神社がその付近一体を任せられている国つ神(土地の神様)氏神様なのです。

氏神様は貴方の産土の神でなくとも、産土の神から貴方のことを頼まれているのです。

だから時々で良いから、ご挨拶に行くべきでしょうね。(貴方が氏神でも来てくれた方が嬉しいでしょう)

私は自分がが死んだら、私は神になると信じています。

偉い神様になるには、数十年か数百年掛かるかも知れませんが、神様になる予定です(笑)

そして誰かの守護霊となり、神となっても修行するでしょう。

でも多分、人の好き嫌いもあると思います。たとえ神でもそれぞれ個性はあるはずです。

私を頼って信心し、一生懸命尽くしてくれるのなら、可愛いやっちゃと思い、何とか力になってやろう

助けてやろうと思うでしょうね〜・・・そっぽ向かれたら?私もそっぽ向きますよ。

それが神様の気持ちだと思います。

 

※神様のルールは、天界の偉い神様(多分天照大神よりもっと偉い神)から中つ国(日本)を制定せよ!

と仰せつかり、日本の国を全て制定し一つにまとめたのが、神の血を引く初代神武天皇で以降、天皇は

現在まで126代目と継がれて来ているのですが、明治4年に明治天皇が氏神制度を作り、日本国を小さな

碁盤の目の様に区切り、各地区に神を配置し地区の氏神として守れと制定されているのです。

(そして氏神様が配置される前からその地区を守ってる神様を鎮守様と云います)

そして各県に地区の氏神様を管理、指導している県代表の神様を一宮又は二宮(いちのみや・にのみや)

神社と言います。そしてその各県代表の神の頂点に居る神が日本全土の総氏神様「伊勢神宮」に鎮座

されている天照大神なのです。

 

神様にお願いするには順序というルールがあります。

何でもかんでも一番偉い伊勢神宮へ行って天照大神さまにお願いするのは失礼に当たります。

まず、自宅に祀ってる神様に、そして氏神様に、それでも願いが叶わない時は一宮神社へと・・・

例えば、私は○○町の○○と言います、近くの氏神様に何度もお願いしてるのにちっとも働いてくれま

せん、何とか働いてくれるようにお願いできませんか?・・でも良いと思います。

 

伊勢神宮は基本的にお願いやおねだりをする所ではありません。

但し神宮内には14の別宮と摂社、末社を合わせれば125社あるので、そちらの神様なら願い事をしても

良いと思います。(※最初に感謝の言葉を忘れないように)

 

物事には順序があり、例えば家の前の排水溝が詰まり悪臭がする場合、まず地区長に、そして市町村に

それでも対応してくれない場合は、議員さんにお願いに行くと云うのが順序であって・・・

伊勢神宮へお願いしに行くのは、いきなり天皇陛下にお願いをしに行くようなものなのです。

 

もし貴方が神様で神社に鎮座しているとしたら、あまり知らない人が来て小銭を賽銭箱の入れて、

パチパチと手を叩いて、○○になれますように、宝くじが当たりますように、試験に合格しますように

とお願いされたらどう思いますか?

それで、願い事が叶わなかったら、ちっともお願いを聞いてくれない、どうせ私なんか嫌われて

いるんだろ〜と嘆かれたら、神様の貴方はどのように思いますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私達も、お得意様やお客様に電話するときは、○○です、まずご無沙汰していますお元気ですか?とか、

お世話になりますとか、まずご挨拶しますよね。

神社参りも同じです。まず神様の名前を言って(云わなくて良い場合もある)ご挨拶して、感謝の

気持ちを伝えて、自分の近況を報告してからお願いするのがエチケットなのです。

神様の気持ちになれば分かると思います。(まず感謝の言葉が大事なのです)

 

基本的に神様は声に出さなくとも、考えてる気持ちは伝わります。

神社の入り口には狛犬がいますよね。普通は右側が阿(あ)像で口を開けて、左側が吽(うん)像

で口を閉じています。阿吽の呼吸とも云いますよね。

狛犬、神社の阿像と吽像

阿吽とは何も言わなくとも分かっている。お前の考えはお見通しだよと云う意味なのです。

寺や仏閣の阿像と吽像で、神社以外では阿像が左で、吽像が右のようです。

邪気や魔界のものを追い払う役目もしているようです。

阿吽とはサンスクリット語なので仏教から伝わったようですが、神社の狛犬のルーツは

エジプトのスフィンクスなのですが、いつの頃か阿像と吽像に変わったようです。

書き出すと、話がドンドンそれて長くなるので、今日はこの辺にしますね(笑)

では又・・・・管理人。

 

貴方のワンクリックが私のブログを書く原動力になります。

毎日、今日は何人押してくれたのか楽しみに見ているのですよ。


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

コメント
Fiona様コメントありがとうございます。
私たちが習った歴史はすべてが正しくはないですね〜
良いように書き換えられた歴史がまかり通っているのですね〜(笑)結果的には仏教が日本に入って来て良かったから、英雄になったのだと思いますね。まさしく「勝てば官軍負ければ賊軍」勝った方が英雄となり、歴史なんて好きなように作れるのでしょうね(笑)
  • 管理人より
  • 2020/02/19 11:25 AM
こんにちは。私は占いの先生に声をかけてから夢を見る
ようになったんです。よく当たります。そのなかで
神仏の応援を受けているという夢があって、それは青い色
が夢に出てくるときです。ご参考になれば幸いです。

上の聖徳太子の解釈、なるほどと思います。
仏教によって先祖供養をすることはよいことだと
思っていますが、いろいろ背景があったのですね。
  • Fiona
  • 2020/02/18 12:35 PM
Fiona様コメントありがとうございます。
氏神様を大事にして下さいね。きっと貴方の味方になって、守ってくれますよ。(笑)
  • 管理人より
  • 2020/02/15 3:57 PM
こんにちは。この記事を読んで、関東一宮のなかで、まだ
行ったことのない神社に行ってみようと思いました。大宮八幡神社にしか行っていないのです。
ご先祖のことも供養しようと思います。
  • Fiona
  • 2020/02/14 7:50 PM
sinla様コメントありがとうございます。
私もふとしたことから神さま事に夢中になり、色々と勉強している内に色んな体験をしたので、ブログに書いているのです。最近は書いてないけど、昔のを見て下さいね。高知の方なのですね〜・・よろしくです。
  • 管理人より
  • 2020/02/12 10:38 PM
初めまして、sinlaと申します。ふとしたところからこのブログにたどり着き、楽しく拝見させて頂いてます!同郷にこんな方がいて嬉しく思います。最近、神様やスピリチュアルなことに興味を抱きだし少しだけ勉強中です。(全くの落第生ですが(^_^;)また楽しみに過去のブログも読ませてもらいますね!
  • sinla
  • 2020/02/12 12:07 PM
コメントする








    

calendar

S M T W T F S
   1234
567891011
12131415161718
19202122232425
262728293031 
<< July 2020 >>

神の雷光全国へ届け!

亀仙人の性格と生き方に共感する。↓をクリック

拍手ボタン押して下さい。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM