尊厳死と安楽死について

  • 2019.07.06 Saturday
  • 02:42

人間はいつかは必ず死にます。

私の両親や、兄弟、友人、お世話になった先生、皆、歳と共に亡くなってしまいました。

眠るように穏やかな顔で死ぬ人もいれば、長い闘病生活の末、苦しんで死ぬ人や、癌の末期症状で

痛くて、痛くて、早く殺してくれ〜と嘆く人や、ボケてしまって家族の顔も解らなくなり、誰が見舞い

に来ても解らず、何年も酸素マスクを付けたまま、栄養は管を通して生かされているだけの人も。

見舞いに行って、そんな人を眺めていると生き地獄を見ているようで可哀想でとても心が痛いのです。

私もいつかそのように成るのかも知れない。そのようになったら早く安楽死をさせてほしいと思いますね。

あなたは生き地獄と、安楽死どちらを選びますか?

と聞いたら、ほとんどの方が安楽死を希望するのではないでしょうか?

でも日本の法律、刑法202条では、「人を教唆し若しくは幇助して自殺させ,又は人をその嘱託を受け

若しくはその承諾を得て殺した者は,6月以上7年以下の懲役又は禁錮に処する」とあります。

つまり、自殺幇助や積極的安楽死は法的に認められておらず、殺人罪となるのです。

では、尊厳死と安楽死の違いは何でしょうか?

日本では、消極的安楽死を「尊厳死」と呼び、積極的安楽死を「安楽死」と呼ぶようです。

つまり端的にいえば、「死なせること」が「積極的安楽死」であり、「死ぬにまかせること」
が「消極的安楽死」なのです。医師が家族の希望等を聞き了解を得て、薬の投与を辞め「死ぬに

まかせる」ことが尊厳死となり、罪に問われないようです(グレーゾーンですが)

このように、日本では安楽死は認められてないのです。

 

日本では生きる権利はあるが、死ぬ権利はないのか?という問題が出てきます。

オランダ・ベルギー・スイスなどは安楽死や、自殺幇助を法律で容認しています。

福祉大国であるデンマークやスウェーデンには寝たきり老人が一人もいないそうです。

その理由は、高齢あるいは、がんなどで終末期を迎えたら、口から食べられなくなるのは当たり前で、

胃ろうや点滴などの人工栄養で延命を図ることは非倫理的であると、国民みんなが認識しているから

です。逆に、そんなことをするのは老人虐待という考え方さえあるそうです。

それは、日本との宗派の違いだと思うのです。

日本は、神道系46.5%・仏教系48.1%・キリスト教系1.1%で合計95.7%が生まれ変わりがあると

教えられているから信じているのです。その他の4.1%の中にも生まれ変わりを信じる人もいるはずです。

少なくとも神道と仏教は神さまから魂を授けてもらい、両親から肉体を授かり前世から生まれ変わって

来ている。そして死んだらあの世に帰り、又この世に修行のために生まれ変わってくる。

輪廻転生を信じているからなのです。

だから、自殺は一番の御法度で現世で肉体を持ち魂の修行に行ってこいと命令されながら、勝手に自殺

して逃げ帰る事は脱走行為なのです。

神さまに言わせれば辛いことも、苦しいことも修行じゃ!辛いことは前世や現世の罪の償いじゃ!

と言っているのかも知れません。

天国に帰れない罪を犯した魂は、地縛霊や浮遊霊となって何百年もさまようしかないのです。

地縛霊や浮遊霊を見たことや感じたことのある人は、数え切れないほど沢山いるので事実だと思います。

鏡の法則とは、自分の犯した罪は自分に跳ね返って来るのです。

現世で沢山人を泣かした人は、来征で沢山の人に泣かされるように、又、折檻やむごい殺し方を

した人は、生まれ変わったときに折檻やむごい殺され方をするでしょう。

それが鏡の不思議な反映の法則なのです。

日本の宗派では(神道・仏教)輪廻転生を認めていますので、日本人の95.7%は信じています。

(※各宗派の全ての人が認めていると仮定して)

だからそのような法律になっているのだと思いますが・・・

 

消極的な延命と言うより、積極的な延命治療をしているので、国の医療費も膨れ上がっています。

これから高齢者は急増する見込みなので、ますます医療費負担は増えることは想像出来ますよね。

※(平成30年度は+2.3%上がっています。平成31年度は未だ発表されていません)

延命治療を本人が望むならそれで良いでしょうが、多くの国民は安楽死を希望するのではないでしょうか?

本人と家族が望むなら、安楽死を認めてあげても良いと思いますけどね。

私は、安楽死を法律で見直しても良いのでは?と思いますけどね〜・・・条件付きで。

(回復の見込みがないこと、本人の希望と家族の承諾。)

ヨーロッパの方達が言うように、延命治療は老人虐待かも知れませんね。

確かに息をしている親や、家族の命を安楽死させて下さいとは言えないでしょうが、自分ならどうする?

生き地獄と、安楽死のどちらを選びますか?と言うことです。

医療技術の発達した今、日本は世界一の長寿大国なので生かそうと思えばいくらでも心臓を動かすことも

出来るでしょう。それで100歳以上が○○人いるから世界一だと言われてもね〜・・・

延命治療をすることにより、家族に負担もかけるし、私なら迷わず安楽死を希望します。

延命治療の発達した今、神様も与えた寿命を全うしなさいとは言わないと思いますけどね。

国が安楽死を肯定すれば、困る病院もあるでしょうけど、国も随分医療負担が軽減されると思います。

その分を減税するとか、教育費を無料にするとかにすれば良いと思いますけどね〜・・・

ちなみに世界の教育レベルのトップ20は・・・下記のようになっています。

1. フィンランド
2. 韓国
3. 香港
4. 日本
5. シンガポール
6. イギリス
7. オランダ
8. ニュージーランド
9. スイス
10. カナダ
11. アイルランド
12. デンマーク
13. オーストラリア
14. ポーランド
15. ドイツ
16. ベルギー
17. アメリカ
18. ハンガリー
19. スロバキア
20. ロシア

・・・・・・・・・・・・・・・・・

せめて、アジアでは1位になってほしいですね〜・・・・

しかしアメリカやロシアがこんなに低いとは想定外でした。(笑)

 

ちなみに自分の国のために戦う心づもりがあると答えた日本人は11%だった。

.僖スタン:89%

▲ぅ鵐鼻75%

トルコ:73%

っ羚顱71%

ゥ蹈轡◆59%

κ胴顱44%

П儿顱27%

日本:11%

このような愛国心の全くなくなった数字を見たら、戦争経験者は嘆くでしょうね。

 

※私は尊厳死と言う言葉には、もっと別の含みがあるように思います。

例えば、武士としての責任を取って詰め腹(切腹)をするとか、国や家族の幸せを願って

死んでいった若き神風特攻隊なども尊厳死に値するのではと思います。

 

今だからこそ、安楽死の問題を再確認して国会で論議するべきだと思います。

今回も年寄りのぼやきでした。

 

では又・・・・管理人。

 


人気ブログランキング

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

神の雷光全国へ届け!

亀仙人の性格と生き方に共感する。↓をクリック

拍手ボタン押して下さい。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM