久し振りの休暇旅行は九州へ

  • 2018.05.20 Sunday
  • 23:08

久しぶりの投稿です。今年に入ってから、色々とややこしい問題が度重なり、八方塞がりの年の

ようでしたが、運の節目とは良く言ったもので、節分から徐々に運気が好転して来て、周囲の空気

もガラッと変わったような気がします。

人間万事塞翁が馬、悪い事も良い事も、いつまでも続かない。

でも相変わらず問題の整理に追われ、忙しい日々が続き大型連休も仕事漬けでした(笑)

昨年から連休が終わったら、結婚40周年記念に宮崎県の高千穂へ行こうと家内と約束していたので、

三泊四日の休暇を取り九州へ車で行って来ました。

旅行する時は、神様から何かメッセージがないかなと気を付けて空や雲に注意しながら運転するのです。

龍を感じる雲ですね〜機嫌良いみたい。

のろしのような雲?何かのメッセージかな?と考えながら車を走らせる。

九州方面は方位学的に方角が悪かったので、方位除の為に高知から瀬戸大橋を渡り岡山、広島、

山口と九州へ渡る。一人での運転は疲れましたが、天気も良く連休明けとあって車も空いており

スムーズに走れました。

途中のサービスエリアで龍の背中に乗って小休止。沢山の木彫りの彫刻が有り、興味のある

私は、作品にしばらく感心して見とれていました。勿論全てを写真に撮ってます。

 

まず福岡の太宰府天満宮へ着いたのは16:30分。高知市から7時間位かな?

ここは、私たちが新婚旅行に来た場所です。40年ぶりに来たのですが、町並みや記憶にある店舗も

ありました。懐かしいな〜ここ覚えてる。と言うと、家内は一切覚えて無く、見るもの全てが初めて

だと言う。

明日は天気が崩れると言うので、今日の内にお参りしておこうと境内に向かいます。

いつも良く行く近くの天満宮の牛さんとは違い、風格と威厳があります。

 

天満宮と言えば菅原道真公を祀っており、全国の天満宮には牛さんの象があります。

何故「牛」なのかと言えば、菅公は丑年生まれで元服の当夜、角をくじいて死ぬ悪夢を見られ、

たいそう気にされて自ら牛を画き、 お酒を供えてご尊拝せられたということです。

 

又、菅公が太宰府に左遷され、こもやの里まで落ちゆかれる途中、時平の命を受けた笠原宿禰等が

後を追って切りかかり、お命危うく見えたとき、松原の中から荒れ狂った白牛が飛び出て、宿禰の

腹を突き刺したのです。

よくご覧になると公が都でご愛育になった牛でありました。

公は「都にて流罪 極る前夜、不思議に 逃げ去って姿を隠し、度々に凶非を告げ、今また此の危難を

助けし忠義の牛、筑紫ま で伴わん」と涙を流 してお喜びになったそうです。

そしてこの太宰府の地においてひたすらに謹慎の意を表されておりましたが、丑の日に薨去されました。

その牛に乗り、心安らかに旅立たれた ので、全国の天満宮には牛の像が数多く奉納されているのです。

 

私の事務所の近くの天満宮(鎮守様)にも時々行くのですが、良く話しかけてくる牛がいるのです。

話と言っても他愛もない話で、「こっちこっち」とか、帰ろうとすれば又「こっちこっち」と言って

私がさするのを待っているのです(笑)

私も丑年生まれなので、何故か天満宮の牛さんには心を引かれます。

その天満宮の本拠地である太宰府天満宮に来たのも、お世話になっている縁繋がりで来たのです。

機嫌良さそうな牛さんとツーショット!高知から車で今、着いたばかりなのでラフな格好で宮と名の

付く神社に参拝に来た失礼を詫びて、参拝させて頂きました。

(手水舎の側にあるキリン象)

麒麟は中国の空想上の動物で、頭は狼、胴体は鹿、足は馬、尻尾は牛と、それぞれの生き物の一番

美しいとされるパーツが組み合わさったもの。

麒麟の胸から前は聖域で本殿側が聖地とされていて、後ろは俗域とされ結界を表します。

また麒麟の首が後ろを向いているのは下界を見守っているという意味のようです。

 

イギリス商人のトーマス・グラバーはこの天満宮に数回訪れ、この麒麟像をたいそう気に入り、後に

友人のビール会社を引き継ぐことになった時に、「麒麟ビール」としたそうなのです。

「キリンビール」のラベルはこの麒麟がモデルなのです。

そのようなエピソードを想像しながら呑むキリンビールは又、格別ですね〜(^^)

40年前の記憶が、かすかに戻ってきます。

ご神木は眺めているだけで、気持ちが落ち着きます。

本殿の写真を撮るには気が引けました。ここラフな格好で来るべきではないと思います。

 

根っこが繋がった「夫婦楠」恋人や夫婦が手を繋いで夫婦楠を3回廻れば御利益があるんだって!

若いカップルから老夫婦まで、みんな手を繋いで廻っている。

観光ガイドさんが皆さん手を繋いで行きましょうね、良い御利益がありますよ〜・・と

言われたので家内が手を繋いで歩こうと、御利益の為ならと渋々手を繋ぎ廻りましたよ(^^)

よく考えりゃ〜結婚する前から今までで、手を繋いで歩くことは初めてかも知れない。

 

薄暗くなり始めたので、予約していた太宰府近くのホテルにチェックインする。

疲れていたので、温泉に入り食事とキリンビールを1本飲むだけで爆睡でした。

明日は雨のようですが、早朝もう一度参拝する予定です。

続きは次回に書きます。

沢山写真を撮っているので、徐々にアップしますね。

 

では又・・管理人。


神社・仏閣ランキング

 

 

 

 

コメント
池様
コメントありがとうございます。
池さん宮崎県の方でしたか?いつも私のブログを見てくれてありがとうございます。m(_ _)m 以前から高千穂は行ってみたいと願っておりましたが、やっと行くことが出来ました。良く友人に、えぇ〜高千穂、未だ行ってないの?とビックリされますけど、今回が初めてでした。ホントに神秘的で良いところでした。大勢の観光客とゾロゾロと行ったので、感激は今ひとつでしたが、本当は誰も居ない夜明け頃に行きたかったです。機会があればもう一度ゆっくり行きたいと思います。今回は神社目的と言うよりも、疲れを癒やす慰安旅行みたいな気分だったから、仕方ないですよね。今回のブログは、自分の日記みたいで面白くなくてすみません。
  • 管理人より
  • 2018/05/24 8:41 AM
長時間の運転、お疲れ様です。九州に来られたのですね、ようこそ 御越しくださいました(*^^*)
私も車に乗っているとき、よく雲を眺めています。飽きないですよね。後部座席でですが。
同じ県内でも、高千穂は何年も行ってないので、行きたいところの1つです。
  • 2018/05/21 6:48 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ブログランキングに参加 ワンクリックお願い(^_^)

こちらもよろしく↓

読んで楽しい神社ブログ

拍手ボタン押して下さい。

クリックお願いします。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM