本当の神様の計画と使命は何だろう?

  • 2017.07.21 Friday
  • 07:34

世の中には不思議な事が沢山ありますよね〜
占い(手相・人相・姓名判断・タロット占い・西洋占星術・・等)
そして、幽霊・火玉・幽体離脱・三途の川を見た人・死神を見た人・龍を見た人
未だあります。色々なまじない・付きが回る・奇問敦煌・ 風水術・方位除・潮の干満による人間の生死
神仏に失礼なことをしてバチが当たる・直感・予感・呪われる・生き霊・金縛り・死者の声や臭い等
すべて、科学では解明できない不思議な事ばかりですけど・・・

その中で一つも信じない人は居るでしょうか?私は全て、見たり、聞いたり、体験したりしていますので、

一応全て信じてますけど・・・

人は皆、不思議なものに興味があるのです。

不思議だからこそ、興味があるのであって、不思議でなくなったら何の魅力もないのです。
全て「知ったらおしまい」なのです。

何でも知りすぎると、魅力が無くなるって事ありますよね。

分からないから魅力を感じ、不思議だから面白くて夢中になるのです。

 

そして一番不思議に思ってるのはが神様の存在ですね。(私の場合だけど)
神様は何で居るの?神様は何をする人?神様には何の役目があるのかな?
神様はちっとも願い事を聴いてくれないし、困ったときも助けてくれたり、守ってもくれないし・・・
神様って本当にいるのかな〜と考えた事もありました。(今はもちろん信じてますよ)

 

人は、自分にないものを求めます。

自分と同じ性格の人は気は合うが、つまらないから長続きしないのです。

考えや、意見の違う人があってこそ、陰陽のバランスがとれているのであって、皆同じ性格で同じ考え

ばかりでは、世界中の人間関係はつまらないものになります。

陰は同じ陰に不満を持ち陽を求め、陽も又、同じ陽に不満を持ち陰を求めるのです。

 

絵を描いても同じ明るい色ばかりを使ってもつまらないし、暗い色ばかりでも同じことなのです。

暗い影があるから明るさが生き、明るさがあるから暗い影が生きるのです。

陰と陽のバランスが組み合って初めて、生きた絵になるのです。
だから常に陽は陰を求め、陰も又常に陽を求めるのです。

 

昼と夜があるように、男と女が居て、力の強い者と弱い者が、法と言う秩序に守られ

平等に共存している。

すばらしい人間社会のルールの中で私たちは生活していると思いますけど・・・

日本という国はすばらしいです。

 

法と言う秩序を守らない者や、国際ルールを守らず、他国の生活を脅かす国は国際法に則って、

懲らしめなければならない。

それに反抗するのが戦争と言うのなら、戦争もやむを得ないと、神様も思うのではないでしょうか?

 

最後に七福神の中で私の一番好きな神様を紹介します。
「布袋様」です。

(小柄で太鼓腹の布袋和尚・満面の笑みはいい顔していますね)


通称「布袋和尚」と呼ばれ親しまれていた。中国浙江省で生まれ、916年で亡くなったと実在して

いたことがはっきりしている僧侶です。
小柄で太鼓腹、予知能力があって彼の占いは必ず当たったことから、弥勒菩薩の化身として伝説の

人になったようです。
全てにおいて無欲で、愚痴や怒りもなく、年中ヨレヨレの着物を着ても、いつでもニコニコと

満面の笑みで過ごし、貧しくとも、人を助け、心がとても豊かであったとの伝説の人です。

いちばん神様に好かれる笑顔ですね〜・・・

(いい顔ですね) 世界中の人がこのような笑顔になれるのは不可能でしょうかねぇ〜・・

 

布袋様がいつも大事そうに担いでいる袋は、サンタさんのようにプレゼントの品が入っている

わけではありません。

その袋の中には、愚痴や怒り、欲望、妬み等、全てをしまい込んでいます。

その袋の名前は・・・堪忍袋といいます。
(まるで私とよく似ている・笑)


 布袋が死の間際に残した偈文が、
彌勒真彌勒 分身千百億(弥勒は真の弥勒にして分身千百億なり)
時時示時分 時人自不識(時時に時人に示すも時人は自ら識らず)
と言われる。
やっぱり欲を全て捨てて、生きて行くのが最高の幸せなのかも知れませんね〜・・・

我が家の玄関に置いてある布袋さまです。


では又・・・・管理人
 
ワンクリックの協力お願いします。


神社・仏閣ランキング

 

 

 

 

コメント
神様の計画は、
続行中です。
  • カズミ
  • 2017/07/28 8:37 PM
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< June 2018 >>

ブログランキングに参加 ワンクリックお願い(^_^)

こちらもよろしく↓

読んで楽しい神社ブログ

拍手ボタン押して下さい。

クリックお願いします。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM