市杵島姫神を訪ねて竹生島へ後編

  • 2017.06.14 Wednesday
  • 14:16

市杵島姫神を訪ねて竹生島に来たのですけど、まだ市杵島姫神にお会いしていません。 

これは市杵島姫なのでしょうか?右の立て札には・・・

日本五弁天と書かれており、

安芸国厳島大神・・・広島の厳島神社の三女神の事ですね。

大和国天川大神・・・多分奈良の天川大弁財天(天川神社)だと思います。

近江国竹生島大神・・ここの事ですね。

相模国江島大神・・・神奈川県の江島神社ですね。三女神を江島大神として弁天様と称しています。

陸前国黄金山大神・・宮城県の黄金山神社ですね。主祭神は金山毘古神・金山毘売神・天神八百万神

          地神八百万神です。明治以前は弁財天として奉られていたようです。

大変ありがたい日本の五大弁天を奉られています。(金運の上がる小判型のお守りを8枚買いました)

ここの白巳大神は弁財天の神使とされて居りますが、蛇と龍は同一とされていますけど・・・・

少し疑問です。

そして市杵島姫神と弁財天も同一神とされていますけど、それも私は疑問に思っていました。

最近は特に・・・そして今日、やはり市杵島姫と弁財天は同一ではないと確信しました。

そしてここ竹生島神社にも弁財天はいない事も確信しました。

ここで瓦投げをする。

皿に自分の名前と願いを書いて投げるのです。

ここから皿を2枚投げてあの鳥居をくぐれば願い事が叶うそうです。

狙いを定めてエィと投げるも届かない(笑)もう一枚は遠くへ飛ばす事を意識して投げると

20mくらい左に・・・私の願いは届かなかったようです(^o^)  

龍神拜所・・・弁財天と書かれていたけど・・・今日は何も感じない。体調が悪いのか

それとも市杵島姫神も弁財天も留守なのか?・・・

ここで市杵島姫神のお守りを買いスマホに付けています(可愛い身代わり守りです)

良いでしょう?可愛くて・・

ここの神札授与所で確認のために聞いてみました。伊吹山はここから見えますか?

そこの窓から見えますよ。一段高い山が伊吹山とのこと。(やはり私の思っていた通りでした)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

ここでは神様何も感じなかったので、娘達に何か感じた?と聞くと

ず〜と何も感じなかったけど、さっきお皿を投げるときに可愛い声で「久し振りね」と

声が聞こえたそうです。多分巫女ではないかと思うと言っていた。

市杵島姫の身代わりなのかもしれない。とても若い声だったとのこと。

市杵島姫神だけではなく、主祭神の神様は全国に何百カ所もあるのだから、たとえ瞬間移動が

出来たとしても、何百カ所も同時には相手出来ないと思いますけどね。(私たちの次元で考えれば)

留守の間、身代わりの弟子や巫女が、もしくは神使の眷属が留守番しているとも考えられるかな?

 

そして一番上の弁財天が奉られている宝厳寺の本堂です。

あまり人が多く、この付近だけで数百人。写真も撮れないので(写真はネットより拝借)

ここに上がってきた瞬間に、とても強いエネルギーを感じました。

家内と次女は階段を上がろうとして止めた。自分の行くところではないと、ここで待つと上がって来ない。

長女夫婦は、一度行ってみると階段を上がり始めた。

私もあまり気が進まなかったのですが、せっかくここまで来たのだから、見なくては後悔すると心に決め

上がってきましたが、すごい人だかりで圧倒される。

とにかく本堂の中へと入ったのですが、「これが本物の弁財天なのか」と思うほどのすごいパワーです。

沢山の参拝者に紛れ手を合わしていると、頭がクラクラするほどのパワーです。

市杵島姫神の持つパワーと全く別物のパワーです。

確信しました。市杵島姫と弁財天は違うと。

ふと気がつくと娘夫婦が居ない?外に出ると階段上がった付近で私を待っていた。

どうした?お参りしないの?と聞くと・・・

沢山の念が強くて入れない、ここは私達の来る所じゃないと入らずに帰りました。

確かに今までお参りした弁財天様とは格が違う。発するエネルギーが全然違うのです。

これが弁財天なら、やはり仏教の匂いがします。ヒンドゥー教のサラスヴァティーです。

 

ヒンドゥー教のサラスヴァティーが七福神の弁財天とされ日本の市杵島姫神と同一視されています。

が、空気の感じも、気配も、パワーも全く別物です。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

市杵島姫はもっと優しく、私の事をそなたは・・・と語ってくれます。

市杵島姫神に会えなかったのは残念ですけど、十分に来た甲斐はありました。

前回アップした写真ですけど、中央に狐に変身した大宜都比売(オオゲツヒメ)が感じないでしょうか?

 

黄色の丸で囲んだ付近がうっすら白い輪になっており、少し離れてみると狐が感じられるのですけど・・

多分狐に変身したオオゲツヒメであり又の名を瀬織津姫(セオリツヒメ)とも・・・

瀬織津姫も龍神を使います。 ここには黒龍が居ます。

祝詞では、「早川の瀬に坐す瀬織津比賣と言う神大海原に持出でなむ」・・と祝詞で歌います。

瀬織津姫はここに坐して罪汚れを流し清め・・根源にある魂は市杵島姫神だと私は信じています。

つまりオオゲツヒメ=セオリツヒメ=イチキシマヒメではないかと思っています。

弁財天は全く別人です。

竹生島を離れ大津港へ帰ります。滞在時間は80分。向こうに見える山は伊吹山。

伊吹戸主の益す伊吹山。曲事(まがごと)の罪汚れを祓いたまえ清めたまえと念じつつ合掌する。

大和タケルも伊吹山に益す神々と戦い破れ奈良へ帰る途中亡くなったとあります。

神話の世界を紐解き神々に触れ、ロマンを感じながら旅行するのは楽しいものです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

次は大津市にある日吉大社へ・・・平安京の表鬼門に鎮座される方除け・厄除けの大社として

有名な山王総本宮です。

珍しい山王鳥居です。

神社入り口に居る神猿(まさる)

日吉と言えば神猿と有名らしいのですけど、知りませんでした(^^ゞ

おとなしくしている猿に、息吹をハ〜〜ッとかけると、牙をむきだし飛びかかってきました(笑)

私の態度が気に入らなかったのでしょうかねぇ〜・・・

ここの敷地は広く神社も沢山あり、全ての神社を参拝しようと思えば2時間はゆっくりかかりそうです。

帰る時間を計算しながら回ると1時間が精一杯です。(多分15舎くらいだったと思います)

伊勢神宮に劣らないほどの広さです。

東本宮と西本宮があり見所はいっぱいありますが、パワーが強く撮るのをためらう場所が多々あります。

 

有名な包丁祭り一度見てみたかったな〜・・・

包丁祭りと包丁塚、年老いても元料理人としては、やっぱり気になります。

 

敷地全体が神気を帯びており、とても居心地が良くやはり神社は良いですね空気が凜としていて・・

心身ともに清められるような気がします。

祓いたまえ清めたまえと念じながら、各神社を回っていると・・・

長女がそばに寄ってきて、お父さん聞こえた?

いや?神様何か教えてくれた?と聞くと・・・

 

おまえの行動は間違ってない。雷神に会ってみよ、何か面白い話が聞けるぞと・・・

 

今度は雷神様かい。

神様はよくヒントはくれるのですけど、中々すんなりと教えてくれません。

自分で考え行動して答えを見つけよ。それが修行じゃと言ってるみたいです。

・・・・・・・・・・・・

今日はもうこれから家に帰り、落ち着いたら雷神様に会いに行きます。

お盆休み迄に福岡の宗像大社へ行きたいと思います。

人の少ない平日の早朝を狙って行くようにします。

宗像三女神の市杵島姫さまに会いに行く予定ですけど、すんなり行けるでしょうかねぇ〜

 

では又・・・・管理人。

 

下のブログランキングを押して頂ければ嬉しく思います。

とても大事なあなたの1票ワンクリックにご協力下さいませ。

 


神社・仏閣ランキング

 

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< September 2017 >>

ブログランキングに参加 ワンクリックお願い(^_^)

こちらもよろしく↓

読んで楽しい神社ブログ

拍手ボタン押して下さい。

クリックお願いします。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM