勤労感謝の日とは・・・・

  • 2016.11.23 Wednesday
  • 21:42

今日は勤労感謝の日ですけど、本当の意味を知っている方は何%ほど居るのでしょうか?

そもそも勤労感謝の日とは、勤労を感謝する日。働いている人に感謝する休日とされており

「勤労をたっとび、生産を祝い、国民たがいに感謝しあう日」という趣旨の元、1948年に国民の祝日

として制定されましたが、・・・・・

「勤労感謝の日」・・本来の意味とは全く違う後から取ってつけた偽りの理由みたいです。

昔は国民のほとんどが農家で新穀がちゃんと収穫できるかどうかは生死に関わることでしたので、

11月23日という日は元々『新嘗祭(にいなめさい)』と呼ばれる日で、天皇が日本国民を代表して

五穀豊穣、そして命の糧を授けて頂いたことに対する、神への感謝を天皇と国民が一体となり秋の実り

を神に感謝する『新嘗祭(にいなめさい)』は国民にとって非常に大切な日だったのです。

 

日本国民は天皇という絶対的な精神的支柱があったのですが、太平洋戦争の敗戦によりGIQによる

日本弱体化政策が始まったのです。

それは・・国民から天皇や皇室を徹底的に切り離し、天皇という絶対的な精神的支柱を失わせる

ことにより、日本を骨抜きにする政策なのです。

※GIQ=連合国軍最高司令官総司令部(多くはアメリカ軍、イギリス軍、オーストラリア軍で構成される)

 

そして「勤労感謝の日」の名称はアメリカが自国の祝日にこじつけ適当に付けた全く関係のない祝日に

なったのです。

「勤労をたっとび、生産を祝い、国民互いに感謝し合う」のが勤労感謝の日であると言うのは、日本政府

が後から名称に合わせて考え作ったものなのです。

 

そして11月23日の「新嘗祭」は国民と切り離され宮中のみでの祭祀となり、天皇陛下はその年の新穀を

天照大神に奉り、そして神と共にその新穀をお召上がりになりその年の収穫に感謝を捧げられます。

御年82歳、もうすぐ83歳になられる陛下は新嘗祭の時は、冷たい板床の上で何時間もの間ずっと正座の

ままで臨まれるそうです。

夜6時〜8時までと夜11時〜深夜1時までの2回、合計4時間。陛下はずっと正座で儀式に臨まれます。

83歳ですよ〜
 

宮中祭祀は年間20回程度あるそうですが、その中で最も重要とされているのが「新嘗祭」なのです。

我々国民は、やれ祝日だ〜、と、遊びほうけている時も、天皇陛下は毎朝6時に起床され神さまへの

ご礼拝から始まり(すべての国民が健やかに幸福であるように)とお祈りされているのです。

天皇陛下は「足が痺れるとか痛いと思うことは一種の雑念であって、神様と向き合っている時に雑念が

入るのはよくない。澄んだ心で神様にお祈りするために、普段から正座で過ごしている」とおっしゃった

そうです。

昔の人は、新嘗祭が済むまで新米を口にするべきではないと言っていたそうですけど、私も知りません

でした。皆さんもそうではないですか?

 

今のていたらくな国民を見れば嘆かわしいと思うのではないでしょうかね〜

私も反省しなくては・・・

 

ところで私は、毎年11月23日に行われる御祭、香美郡物部村の小松神社へ今年も行ってきました。
このブログで何度も紹介しているのですけど、行くのはとても疲れます。(笑)

高知市から車で1時間半位ですが、物部川に沿って県道195号線を走り途中から山道に入り20分

位で着きますが、この日はどこからともなく小松神社に縁のある方々が集まり山道も車でいっぱいに

なります。

車を山道に止め、鳥居をくぐり急な階段を降ります(373段)

この階段降りるのは容易いけど、上る時のしんどいこと、帰りは汗びっしょりになります(笑)

中間の景色ですけど、神々が沢山いるので神郡だとか・・・

やっと降りてきて、こんな所に何故神社があるのかと皆思うでしょうね〜

沢山の氏子が集まって来てますが、今年は例年より少ないみたいです。若い人はあまり来ないので

年寄りは年々減ってくるからでしょうかね〜・・・30年ほど前からいうと三分の一になりました。

見たことのある顔ぶれにちょくちょく会います。近所の氏子さんたちが作ってくれた、寿司や餅

鮎、酒、果物、等を食べながら、談笑しご先祖様をお参りします。

小松性や平家の落人に携わる子孫が集まり、ご先祖のお墓参りみたいな気分です。

ここの神さまはとても偉い神さまで、多分「天之御中主神」様(アメノノミナカノヌシ」だと思います。

(ニギハヤヒ)かもしれませんけど、とても偉い神さまだということは分かっています。

 

私は、お墓参りに行ってもお墓の前で何かを食べ、子孫は元気で暮らして居ますよと、何かお墓の

前で食べないと帰ってはいけないと親から習ったのですけど、皆さんはそんなことしませんか?

この小松神社も、子孫が集まり皆で何かを食べたり、太鼓を叩いたり、楽しく雑談する姿をご先祖に見て

貰うことを願ってのことだと思いますけど・・・

神道派のお通夜もそうです、ご近所や親族らが集まり何かを食べて帰ってもらうのです。

 

今回は神殿の中に入らせてもらい玉串を捧げて、お参りをし神主様にお祓いをして頂きました。

別所で、いざなぎ流の御幣で何かを唱える姿をしばらく見ていましたが、全く分かりません。

とても大事に丁寧に何かを言ってるのは分かるのですけど・・・

 

帰る頃、女性の方からコマツ住宅さんですか?と声をかけられたのですけど、見覚えがなかったので

どちら様でしたっけ??と聞くと、いえ初めてですけど、ブログを読んでいますと(笑)

まだ若いご夫婦でしたけど、夫婦で見てくれてるそうで、声をかけられ感激でした。

私のようなブログでも、結構見てくれる方が多く、10月は全く更新してなかったのですけど1万8千人

も多い月は2万3千人も見てくれていました。とてもありがたく感謝を込めて書かなくてはと思っています。

うっかり、お名前を聞くことも忘れていました。今度合った時も気軽に声をかけて下さいね。

 

帰りには、神社から全員にお土産としてそば餅を頂きました。(毎年の恒例です)

何故か平家関連は、平家そばとか、平家餅のようにそば粉を使った特産物がおおいですね。

皆さんは、これをどのようにして食べているのかな?

私は、これを三等分に切って焼いて砂糖醤油に付けて食べたり、その切って焼いたのを鶏出汁のおすまし

に入れて食べる。これ結構美味しいですよ(笑)

店のお客さんにサービスで出します。平家汁は如何ですか?(^^)

 

では又・・・・管理人

 

↓いつもランキングのポチ押し応援ありがとうございます。
皆さんのひと手間がブログを綴る原動力です。コメントも頂けると、とても嬉しくなります。

(^_^)/~

 


神社・仏閣 ブログランキングへ>

 

 

コメント
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
28293031   
<< October 2018 >>

ブログランキングに参加 ワンクリックお願い(^_^)

こちらもよろしく↓

読んで楽しい神社ブログ

拍手ボタン押して下さい。

クリックお願いします。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM