横倉の風・・・・(管理人)

  • 2011.03.28 Monday
  • 13:58

 27日(日)越知町、横倉山の杉原神社と横倉宮へ行って来
ました。 ここは以前にも紹介しましたが・・・

この神社を知ったのは、ほんの5、6年ほど前です・・・
それまで何十回となく、この山から見る景色を夢で見ていたの
ですが、それが何処の山なのか解らなく探していました・・・

5,6年前に徳島県のよく当たるという祈祷師に相談したところ
越知の横倉山に行ってみよと、云われ行ったのがきっかけです。

初めて横倉山に登り、景色を見た時ここだ!とすぐ解りました。
ここだ、ここだと夢を確認しながら山を登り、横倉宮に近づくと
別に悲しくも何にもないのに、涙がぽろぽろと・・・

そしてやっと横倉宮まで登った瞬間に、強い風と神様の声?
「よく来たな」・・・・え?何かの聞き間違えかと・・
一緒に来た家内の顔を見ると、「聞こえた?」と・・・
大きな声ではっきり聞こえたよ、「よ〜来た、よ〜来た」と・・
家内も、私も感激して、しばらく帰りませんでした・・
12月23日のことでした・・

それからは、年に4,5回は来るようにしてますが、今回は10ヶ
月ぶりに来ました・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
そして、今日以前から気になってた越知町の平家会に入会して
きました。
そして会長の織田さんに色々の出来事の話をして・・
会長さんの話を聞くと、会長自身も不思議な体験があるそうで、
又、県外からも私のような体験をしたと、訪ねてこられた人も
居られるそうです・・
話は盛り上がり、長居をしてしまいましたが、分かってくれる方が
いて良かったです。
そして・・新屋まりさんの・・「横倉の風」のCDを買ってきました。



「横倉の風」  新屋まり・・
一、とこしえの平安の世を、願いつつ
  谷を渡る風に 若き命散らした御霊
  今日一日を惜しむように 名もなき野の花さえ
  陽を仰ぎ陽に向かう 深き横倉の森
 
 ※ 燃え立つ山の際 遠き峰々
   八百余年来し方を
  樹木は我が胸に 語らんと

二、久遠誓い今 鮮やかに
   風をはらみ湧き立つ木立 杉原神社
   陽光やわらぐ 神さぶ場所で
   時は満ちたりと極まれば 蝶さえ舞い狂う

   一門鎮まれる 山稜にありて
   脈々受け継がれた焔(ほむら)
   我が胸に 灯らんと
   ※繰り返し  
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
  聞けば聞くほど心にしみる良い歌です・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・

まず、入り口の「横倉山自然の森博物館」へ行ってきました。

大迫力の横倉山油絵、この絵を見ただけでも来た価値があった。


館内1階展示場・・


隕石です、初めてさわって持ち上げてみた。重い!
片手で握れる大きさだが、ボーリングの球16ポンド以上か?


トリケラトプス・・・


トリケラトプス・・こんなのがいたのですね、地球の歴史は面白い



ウリボーと、リスの模型、よく似ていたのでパチリ!





耳なし芳一の琵琶の音が聞こえる・・平家伝説・・



壇ノ浦で扇の的を那須与一に矢で射たれ平家敗北を認める・・この扇が
平家小松一族の家紋です。



平家一族を奉っている杉原神社です。何か感じたのでカメラ撮りまくり。
私には聞こえなかったけど、家内は「やっと来たか」と聞こえたそうです。
確かに今日は、たくさんの御霊が近くにいるようです・・・


横の彫刻は明治年間に全国的に著名な長州の工匠門井宗吉の作



これほどの作品を野ざらしにして、ほって置くのは、はもったいない!



迫力あるな〜




少しモヤが掛かって見えるのは御霊のせいでしょう・・


すぐ右手にある平家の宮、此処に83柱を集め祀って居ます。



そしてやっと横倉宮入り口へ、息切れで心臓が飛び出しそう・・



安徳天皇を祀っている横倉宮です・・・・



感謝の願いを込め、お酒とお供え物をして、いざなぎ流風に
お祈りをしてきました。・・・

そしてこのヒトガタ人形が今、事務所に居ます・・・


これも事務所に置いている横倉宮の絵です。
下手くそな絵ですが、雪が積もったら、こんなになるのではと
五年ほど前、想像して描きました・・・・



この時、中から何故か見えるはずのない黄色い光が見たので
絵にも描き込みました。


そして、今回は平家の穴へ・・・

中へは入れませんが・・・


カメラに取ると、結構深そうな穴です・・・此処に平家の財宝が
隠されて居たようです。


 上を見ると断崖絶壁・・・



岩屋神社です・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
クタクタになって山を下り・・


おだ公園です・・
此処は、かつて夢に何度も見た場所で、夢ではだだっ広い原っぱで
したね。ここから見る山々の景色も夢と同じなのです・・・




すぐ側にある耳なし芳一の像です・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・

そして帰りに小村神社へ寄る・・・・・

何回も来るので、なじみの神社になりました。
ご挨拶だけして、すぐ帰りました・・・・・・・・・・



裏にある御神木の牡丹杉です・・・・・
滅多に落ちない縁起の良い牡丹杉の葉が、どうぞ拾って下さい
とのように落ちていたので、頂いてきました。(笑)


桜もここはもう咲いているのですね・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・
疲れてクタクタになって帰り、一寝入りしましたが未だ足が痛い。
最近年を感じますな〜 


コメント
新屋まり様
先日は新屋まりさん本人からコメントを頂き感激しました。
横倉の風で初めて新屋さんの歌声を聞き、何回か聞いている内に、すごい人だな〜と感心しました。声が素晴らしい!魂を揺さぶり、地球をも振動さすような歌い方・・・きっと平家の英霊も感動し、涙を流し聞き入ったことでしょうね。新屋さんのHPも、ブログも拝見しました。日本中を駆けめぐりご活躍しているようですね。忙しい中、私のブログを見て頂き有り難うございました。これも何かの縁でしょうか?いつかお会い出来る日を楽しみにしています。頑張って下さい!応援しています。
  • 管理人
  • 2011/05/18 6:27 PM
新屋様
 こんにちは。コメント有り難うございました。主人もとても喜んでおりました。コスモス祭り会えるといいですね。楽しみにしております。今日は、主人が入院中の為、私が代わりに書きましたが、退院したら、本人からもお返事をすると言っておりました。本当に有り難うございました。
  • ponta
  • 2011/05/08 12:52 PM
たまたまブログを拝見しました。
私のCDを載せていただき感激です!越知平家会に入会されたとのこと。すばらしい!みなさん高齢化で減少傾向と聞き及んでおります。それはそれは大喜びされたことと思います。
 平家一門が800年経ってやっと表舞台に出られる時代になりました。縁ある方とつながっていく感じです。記憶にはなくても私も平家に関係があるようです。「小松」姓の方は清盛のご長男であらせられた重盛様の血筋と思われますが、私もそのあたりの縁のようです。横倉山一帯の神社にお参りすると涙が出ます。面白いお話がたくさんあるようですね。必ずいつかお会いできますように
 この秋のコスモス祭りに、もしできれば帰りたいと思っています。
コメントする








    
この記事のトラックバックURL
トラックバック

calendar

S M T W T F S
     12
3456789
10111213141516
17181920212223
24252627282930
<< November 2019 >>

神の雷光全国へ届け!

亀仙人の性格と生き方に共感する。↓をクリック

拍手ボタン押して下さい。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM