今回のウイルスも魔界からのメッセージか?

  • 2020.04.22 Wednesday
  • 01:37

私は時間が勿体ないので、テレビはくだらない番組が多いのでほとんど見ないのですが・・・

YouTubeは勉強になるのでよく見ます。本当に面白いですね〜

前々回も書いたのですが、今回のウイルスも単なるウイルス騒動だけではなく、何か裏がある

ような気がするのです。

何故か解らないが歴史は100年周期で繰り返されているように感じるのです。

私はテレビはほとんど見ないのですが、勉強になるYouTubeはよく見るのです。

今回は私の好きな先生2人を紹介します。時々最新のをアップされたかな?と気にして更新を

楽しみに見ている先生を紹介します。

まず一人目は宇野正美先生です。元、高校教師で主に国際時事問題と「ユダヤ問題」を専門と

した講演を定期的に行っている人なのですが、話し方が面白い。ついつい引き込まれるような

話術と、聖書を元に未来を予想して、ファンも沢山いるようです。

宇野さんの本も何冊か読みましたがとても面白いですよ。

今回紹介するのは新型インフルエンザからの挑戦 ↓ 12年前の映像ですが現在の問題に通じます。

https://www.youtube.com/watch?v=_ylggVHFRf8&t=4070s

1時間55分と長いですが、テレビ見るより面白いですから、是非見て欲しいです。(お願いします)

私は数回見ました。本当に面白くて感心しますよ。(私はほとんどの映像は見ました)

もう一度言います。2008年ですよ、12年前の講演映像が現在の事になりました。

 

株式会社リバティ情報研究所及び中東問題研究センターの代表で毎年講演会を開いています。

「エノク」という月刊誌も発行しています。私は2年間ほど定期購読しました。

エノクとは聖書ではアダムの孫で、「従う者」の意味。神を喜ばせた男365歳まで生きたそうです。

 

5000年前の聖書の教えが現在も脈々と引き継がれ、いつでも神に従って神を喜ばせたエノク。

日本神道の「かんながら〜:神ながら」の心と似ていますね。(私の生き方です)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

もう一人、私が気に入ってよく見る人がいます。石井貴士さんです。

若いですが、元アナウンサーだけあって話もうまいし、的確に計算された説明になるほど

と、頭の良さにうならされる。最近アップされた第三次世界大戦 2020年11月3日開戦!

私も世界第三次大戦も臭うと思っていましたが、やはり彼も同じ事を考えていたようです。

 https://www.youtube.com/watch?v=9WQu7cvPsKk

11月3日開戦!ズバリ言いましたね〜・・・凄い!

インフルエンザと地震と戦争はワンセットである!確かにそうかも知れない。

5月11日には気を付けましょう、一応ね(笑)

石井貴士氏もYouTubeに沢山出ています。全てに説得力がありますね〜・・

くだらんテレビ番組を見るより、皆に見てもらいたい番組ですね。

話の組立が素晴らしい。

新型ウイルスは強敵と言うより、魔界よりの次のステップのメッセージのようにも思います。

それは魔界なのか?それとも神なのか?人間への警告なのかも知れないのです。

今回は、私の好きな先生2名を紹介させて頂きました。

私のブログではなかったのですが、今は神社巡りをすることさえ罪悪感を感じます。

出来るだけ外出しないように、連休もひっそりと家でYouTubeを見て楽しむ事にします。

皆さんも、連休は栄養と適度な運動と休養をして身体を大切にしましょう。

身体を万全な状態に保っていれば、少しはウイルスに対しても抵抗力は有ると思います。

最後に・・・かんながら〜かんながら〜神ながら〜

 

ブログをはじめた日

2010/02/02(10年と83日)いままでに書いた記事331件。

今回の記事が最後になると思います。

では皆さんお元気で、長い間ご愛読ありがとうございました・・・・管理人。

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

そもそもウイルスとは何ぞや?

  • 2020.04.13 Monday
  • 22:43

新型コロナウイルス?世界的なパンデミックだと世界中がこの病で、てんやわんやの大騒動!

世界中の生物学者が我先に特効薬をと、寝る間を惜しんで研究に研究を重ねていることでしょうね。

全くやっかいなウイルスが出来たものですね〜(笑)失礼だが笑うしかない。

私は、薬なんか、まして特効薬なんか出来るはずがないと思っています。

風邪(ウイルス)の歴史は、紀元前からある。

少なくとも紀元前16世紀頃のエジプトにも有ったのだからそれ以前にも有ったのだと思う。

風邪の薬すら3000年以上前から研究しているのに開発されてない。

しかも、ウイルスが生物か、無生物なのかさえ科学者間では決定されてないそうです。

 

ウイルス単独では生きてないのだが、ふわふわと飛んで人間の細胞にくっつくと侵入して

体内で繁殖してワイワイと賑やかに暴れる(炎症を起こす)それが肺で起こるのが今回の

新型ウイルスのようです。

例えばタンポポが風にふわふわと飛んで、地面に落ちたらそこに根を張って又タンポポの花を

咲かすように、コロナは目に見えない花粉の30分の1のタンポポのようなものなのかな?

感染した人が出すくしゃみや、口から出す咳はタンポポの花粉のようなものかな?

(例えが間違っているのかも知れませんが・・・タンポポが嫌いになった?笑)

私はタンポポが大好きなのですが花言葉は「恋の宣託・神のお告げ・新しい場所への旅立ち」

 

国際ウイルス分類委員会の分類では、全部で3万種くらいのウイルスが見出されているとのこと。

アメリカ人は一生の間に200回くらいウイルスに感染しているそうです。

http://www.med.akita-u.ac.jp/~doubutu/kansensho/virus17/virus.html

 

ウイルスが凄く小さな生物だとしたら、生きている次元が違うのです。

人間の1日がウイルスにとっては100年かも知れない。

必ず収束が来るのです。

人間もそうなのですが、生物には栄枯盛衰という・・

全ての生物には滅亡のサイクルという宿命があるのだと思います。

勃興 - 興隆 - 繁栄 - 最盛 - 衰退 - 滅亡と歴史は繰り返す宿命なのではと思うのです。

歴史を振り返ると、全ての組織体はこのサイクルを繰り返しているのです。

当然ウイルスもそうなのですが・・・・

会社であろうが、国であろうが、人間であろうが、滅亡のサイクルがあると思うのです。

 

私達人類も、人類という次元の中で生きているのだから、1年掛かって新型ウイルスの

特効薬を開発したとしても、その頃には新型ウイルスは絶滅して居るのかも知れないし

又別の、新型ウイルスが直ぐそこに来て出番を待っているのかも知れない。

(キツネと狸の追いかけっこ??・・ことわざ間違ったかな?笑)

 

私のような爺が言えることは「人生、全て要領なり!」楽しく生きるのも、悲しく生きるのも

自由です。心の持ちようで、幸せにも不幸にもなります。

新型ウイルス等に感染されないように、気を付けて要領よく人生を楽しみましょう。

全ての結果には原因があるのです。生き甲斐を見つければ楽しいですよ。

まず、健康でなければ何も始まらない。

アニマル浜口のようにワッハッハ・ワッハッハと陽の呼吸をすること。

とても良いことだと思いますよ。

では又・・・監理人。


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

連日のコロナウイルス騒動、何か裏がありそう。

  • 2020.04.10 Friday
  • 23:16

連日テレビのニュースではコロナの問題ばかり、世界同時のパンデミックなのか?

確かに、世界的に感染者は急激に増え死者も増えている。

何が原因なのか??

5年前に2015年8月20日に「近々神さまと魔界の王と対決かも?」と言う題でブログを書いた

事があります。

当時、何処の神社の神様も異様な雰囲気で神様も何処に行ったのかとても少なく、神社に

残っている神様やお付きの者も、とても緊張気味でした。(事もなく終わったのですが)

今回は、神様にそのような緊張感は見られません。

今、各国がパンデミック宣言をしたので、世界中がコロナパニックに陥っています。

何故か?なんか不思議に思いませんか?

 

例えば神さまの目線で、地球の人類全体の行方を大局観で眺めてみれば、ウイルスの台風のように

も見えますけどね〜。ウイルスの台風は地球で住む限り時々来る自然災害かも知れませんね。

 

現在世界のコロナ感染者数は、約120万人でアメリカが最も多く4分の1で40万人を終える感染者が

死者も1万人を超えて、人工呼吸器も不足、医療用マスクも不足でコロナパニックになっていますね。

地球人全てが、コロナ恐怖症になっているのですが何か不思議ですね〜・・確かに危機なのですが

 

現在この世で生存している人間で、100年前のスペイン風邪を記憶している人はいないと思います。

過去の歴史を振り返ると、信じられない被害に遭っていたのですが、現在のコロナウイルスも経験

したことのない被害だと思います。

4月10日の朝日新聞では、コロナの死者は世界で9.5万人に、感染者は160万人と云われています。

今、手元にあるスマホで現在の日本の感染者数は前日より641名増えて6187人で、その内死者は

120名です。連日マスコミでコロナのニュースを取り上げ恐怖心をあおっているようにも感じます。

まだまだ感染者も死者も倍以上に増えると想像します。

でも不思議な事にパニックになっているのは経験のない人間だけで、神さまは至って平然として

いるのは何故かな?と思うのです。

 

100年に一度周期的にやって来るウイルスの台風なのかな?とも思うのです。

確かに何処かの誰かが作った殺人生物兵器なのかも知れませんが、目線を変えて現在のパニックを

大局観的に地球を眺めるとウイルスが通りすぎるのを、じっと息を潜めて静かにしているのが一番

賢明な方法かも知れませんね。

 

現在世界のコロナウイルスでの死者数は9.5万人・感染者は160万人です。

でも100年前のスペイン風邪の死者数は4千万人・感染者は5億人とも云われています。

当時の世界人口の約3分の1が感染者になりました。

100年前より現在人口が増え約76億人います。その3分の1と云えば現在なら25億人が感染する

ことなのです。(これが本当のパンデミックだと思うのです)

 

明治時代のコレラの死者数も37万人も居て、日清戦争・日露戦争の死者数よりも多かったのですが

パンデミックにはならなかった。(現在でもコレラで亡くなる人は年間3万〜13万人居るそうです)

島国日本では上下水道法が明治33年に制定されてからコレラ菌はほぼ無くなったのですが土地の

広い外国では上下水道を巡らせるのは困難でしょうね〜。

 

2009年11月に豚インフルが流行し(オバマ政権時)アメリカでは5000万人が感染し1万人が死亡

したのですがパンデミックにもパニックにもならなかった。

 

日本でも毎年3000人以上がインフルエンザで死んでいるのに、新型コロナというだけで何故こんなに

パニックになるのだろう?・・・と、思いませんか?

 

確かに被害者も沢山いるのですが、それ以上にマスコミが騒ぐように思いますけどね〜

何か企みがあるような・・・

誰かの隠謀か?生物兵器もあるかも知れないが、もっと他の企みがあるような気がします。

これが隠謀なら、誰が得をする?

(漁夫の利を得るのは誰なのか?)

※漁夫の利とは、大きな貝が口を開いて呼吸をしている時に鳥が来てくちばしで身を食べようと

突っ込んだ時に、貝は怒って力一杯口を閉じた。くちばしを挟まれた鳥はバタバタと暴れている

時に、漁師(漁夫)が来て苦も無く両方を捕まえるという意味。

 

私が想像するのは、新型コロナウイルスを(人工としても)マスコミをあおり、パニックにして、

恐怖心を抱かせ、学校閉鎖、外出禁止、店舗閉鎖、企業縮小、総理の緊急事態宣言、国債を発行し

予算の大盤振る舞いで、安倍総理の支持率を上げて年内に解散総選挙を行い、自分の地位を不動の

ものにする予定かも知れないが、心配なのはトランプとの打ち合わせで、各国が国民の為だと云っ

て金をばらまいた場合です。最低賃金の繰り上げ消費税をカットし、金をどんどん印刷をして

世界的な超ハイパーインフレになるかも知れない。

 

過去ハイパーインフレが起きた国はジンバブエ、ベネズエラ、ドイツ、アルゼンチン、ハンガリー

ユーゴスラビアがありますけど、特に酷いのはジンバブエとベネズエラですね。

(ジンバブエの100兆ジンバブエドル)

発行された当初(2009年)は約3万円程度だったそうですが、 最終的には100兆ジンバブエドルで、

0.3円ほどの価値しかなくなったそうです。

現在は紙切れとなって、使用されてないそうですが・・・(笑)

政府の信用がなく、拾う価値もない紙切れ。
 ベネズエラではハイパーインフレが起き、物価上昇率が年率169万8488%を記録した。

日本は一気にここまでならないと思いますけど、可能性も考えられますね。

 

ハイパーインフレになる一番の原因は、国民から税金が取れなくなったら、新札を印刷する

しかないのです。

今の政府の大盤振る舞いは、ハイパーインフレに近づいているのでは?

もし、コロナウイルスが人工兵器だととすれば、世界的なハイパーインフレも計算したはず。

漁夫の利を得ようとしたのは誰なのか?

 

日本の1万円札もお金ではないのです。1万円札に書いているように日本銀行券なのです。

お金とは、読んで字の如く(金)なのです。

ハイパーインフレになると、銀行券などは値打ちが下がりお金とは言えなくなるでしょうね。

物が高くなり、銀行券の値打ちが下がる。

もしかしたらそれが狙いで、生物兵器のウイルスを作ったのかも知れないと思っています。

その裏で、第三次世界大戦の影もチラチラ見えるのですが、これが隠謀だとすれば

誰かが漁夫の利を狙っているような気もするのですが・・・怖いですね〜

ここまでは、神さまも読んでないかも知れません。

 

今は静かに、貝の口を閉じて嵐の通り過ぎるのをじっと待つのが賢明かも知れませんね〜

100年に一度のウイルスの台風なのですから・・・

 

ただ、全ての結果には原因があるのです。

ウイルスの発生にも、コロナ感染するのも、パンデミックになるのも、危機を感じるにも、

ハイパーインフレになるのも、世界大戦になるのも、原因のない結果はないのです。

如何に冷静に、的確な判断をするのか?責任重大な指導者の腕の見せ所なのです。

又、私達もウイルスに感染しないように、パニックにならないように、要領が必要だと思います。

後悔しないように重大な決断をしなければならない危機が来ているのは間違いないでしょう。

 

私達の先祖は100年前のパンデミックに生き延びて、元気にしているのが私達なのですからね。

書き出すと止まらなくなるので、今日はここまでにします。

では又・・・・管理人。

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

敵を知り、己を知れば、百戦危うからず

  • 2020.03.29 Sunday
  • 23:31

今歴史的な大問題になっているコロナウイルス。

日本ではオリンピックの延期・選抜高校野球も中止等。アメリカでは入国制限、イタリア

では映画、劇場、レストランなどの営業禁止。店舗の閉鎖。株の大暴落。WHOのパンデミック宣言。

これは誰かの策略隠謀か?等と考えたり、神は何を思い、何してるんだろう?

私も一瞬、とうとう来たか人類絶滅の危機が・・・・と、思いました(笑)

 

今回も目線の角度を変えて、もし神さまが離れた上空から我々のあたふたと走り回っている姿を見たら、

何と思うのかな?人間達の知恵のお手並み拝見と、笑って観望しているのかも知れませんね。

新型コロナは自然に偶然に出来たものなのか?それとも人間が生物兵器として作ったのか?それとも

魔界の者か、神が作ったものなのか?それ以外は?思いつかないですね〜・・・

 

新型コロナウイルスが何故出来たのか?と考えられる全てを想像して見ると・・・

/祐屬生物兵器として研究していたものが研究所から漏れた。

 中国武漢に「中国科学院武漢病毒研究所」がありそこの研究所から漏れたという噂。

 アメリカ軍が生物兵器を武漢に持ち込んだと言う説。

 

⊃世魔界の怒りで人類絶滅か、ノアの箱船のように一部のものだけを残し人類を一掃する目的。

(もしそうならこんな生やさしいものではなく天地がひっくり返るような事だと思う)

 

フリーメイソンイルミナティの仕業、世界の人口を10分の1にしようと企みがあるという噂。

 以前もフリーメイソンの事を何度か書いたのですが、不気味な存在は現在も脈々と生きている。

http://kimama.komatsu-j.info/?eid=305

 

ぜ然による偶然に出来たもの(これが一番可能性が高いと思う)

 

このような時は先人の知恵を拝借して(温故知新)から、見えない敵(ウイルス)と戦う策略を練る

べきでではないでしょうか?

(敵を知り己を知れば百戦殆うからず)
と言う孫子の有名な言葉があります。https://tactical-media.net/%e5%ad%ab%e5%ad%90%e3%81%ae%e5%85%b5%e6%b3%95%e3%81%a8%e3%81%af/

コロナウイルスと戦うにも、敵(コロナ)をよく調べ、人間の体力と防御方法をよく知ること

により、敵は恐れる事もなく、勝つことができるのだと思います。(陽の呼吸が大事)

歴史は繰り返す・・・・誰が何と言おうと、間違いなく歴史は繰り返していると確信してます。

100年毎の周期でウイルスが拡散しているのではと思います。

1720年 ペスト

1820年 コレラ

1920年 スペイン風邪

2020年 新型コロナウイルス

 

昔、このようなウイルスが世界中に流行しました。そうですスペイン風邪ですね。

世界中で5,000万人の死者が出て、日本でも39万人が死んだ事があったのです。

https://www.nishinippon.co.jp/item/n/590625/

ちょうど100年前のパンデミック事件です。この頃は今ほどの科学の進歩もなかった。

当時の世界人口は18〜20億くらいで、スペイン風邪の感染者は約5億人。人類滅亡の恐怖を

感じたことでしょうね。それでも自然に、何の治療方法もなく約2年半ほどで収束しています。

 

現在は科学も発展し、ウイルスがなんたるかを知ってます。

(ウイルスの大きさは、花粉の30分の1)

 

このように、花粉とかPM2.5位迄の太さならマスクで防げるでしょうけど、花粉の30分の1と云わ

れる小さなウイルスは普通のマスクでは防げないのでは?と思っています。

細菌は生物なので、独自で生きて繁殖する事は出来るのですが、ウイルスは非生物なので、独自

で生きる事は出来ず、感染者の咳やくしゃみで2〜3m飛びタンパク質にくっついてエネルギーを

もらい凄い勢いで繁殖し、又人から人に飛びかい感染者を増やし増殖していくのです。

又感染者の触れた者に触ると、その触った人のタンパク質から体内に進入し繁殖を繰り返す。

人のタンパク質に触れなかったら、数時間で消滅するらしいですね。早ければ4時間、遅くても

36時間位で消滅するらしいです。

 

粒子が花粉の30分の1と小さいので、普通のマスクなら10~30%防げたら良い方とのことです。

付けないよりはましなくらいかな?

マスクをしたから安全とは言い切れないと思います。(マスクを付けると陰の呼吸になるし)

気休めのような気もするのですけどね〜・・・それよりもビタミンCとかタンパク質を多く取り

栄養を取って体力を温存し、抵抗力を高めた方が予防に良いのではと思っています。

私は普段マスクを着用していません。それよりもビタミンCを多く取るように心がけています。

ビタミンCを破壊するタバコもよくないでしょうね。

 

でも、間違いなく歴史は繰り返していると感じるのです。

ワクチン?あまり期待してないです。何もしなくても2年で収束するのでは??と思っています。

O157、サルモネラ、赤痢、腸炎ビブリオ等は細菌なので独自で繁殖できるのですが・・・

鳥インフル、サーズ、マーズ、ノロ、スペイン風邪等はウイルスであって、細菌ではない。

過去の全てのウイルスにも未だこれといったワクチンが出来てないのだから、コロナウイルスも

世界中の研究者が血まなこになって研究しているでしょうけど、あまり期待は出来ないと思います。

もし出来たとしても、万人に効くものであって、一人でも副作用みられたら販売は出来ないので

動物実験から始まり、何百人もの患者から副作用がないかを確認しないと新薬の販売は出来ない

からとても、難しいと思います。

そのような他力本願を頼るより、過去の歴史からウイルスの習性を知り自主防衛する方が賢明では

と思うのです。

 

100年前のスペイン風邪(1918年1月〜1920年12月)

(日本の人口)5千6百万人 死者数45万人 死亡率0.8%

「世界の人口)約20億人 感染者5億人 死者数5千万〜1億人とも 死亡率2.5%〜5%

 

新型コロナウイルス(2020年〜)

(日本の人口)1億2千万人 感染者1883人(3月29日)死者数 49名(3月28日) 

(世界の人口)約78万人 感染者64万770人(3月29日) 死者数約3万人

 

スペイン風邪は3回ピークがありました。

 

 

 

100年前と同じ事を繰り返しているように思いませんか?

昔と違い、現在は情報も早いし、知恵もあるから被害が少ないと思います。

テレビのニュースでも毎日、毎日、朝から晩までうんざりするほどコロナのニュースばかり。

テレビニュースの影響で100年前とは全然違うほど、衛生や消毒に気を付けているので感染者

も少ないと思います。それでも言う事を聞かない人は仕方ないですね〜・・・

ビスマルクの言葉を思い出します。

「愚か者は体験から学び、賢者は歴史から学ぶ」

 

敵を知り己を知れば百戦危うからず

温故知新・・・

先人は沢山良い言葉を残してくれましたね〜・・・・

こんなことを書く予定ではなかったのですが、あまりにもコロナばかりのニュースなので

一市民のジジイの目線から感じるまま、気ままに書いてみただけのことです。

では又・・・・管理人

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

運命と宿命と天命と知命

  • 2020.03.09 Monday
  • 21:33

ブログを長年書いていると、次は何を書こうかな?どんなことを書こうかな?とか

何を書いたら喜ばれるのかな?題名によく悩むのです。(笑)

書いて欲しいテーマがあれば、何でも書くよ!とある人に言ったら「運命と宿命」について書いて

みて!と云われたので、私の観点で書いてみますね。

あくまでも、私個人のひねくれた観点から書くので、間違っていることもあるかも知れません。

多分間違ってるでしょう。私そんな偉い人でもないし、バカだし、年寄りの人生観だけです。

「運命と宿命」の事を書けば、少なくとも「天命と知命」のことを書かないと終わらないので追加します。

昔、運命と宿命と天命と知命このことについて、悩み考えたことがありました。

運命とは何だろう?と昔、よく考えたことがあるのです。

この人との出会いも運命なのかな?結婚するのも、離婚するのも・・

すべて運命だ!という運命論者がよくいます。

確かにそのような運命はあるでしょう。学校を転校したから、職場を変えたから、住所を変えたから

この人に出会ったと言う運命論が・・・・そのような運命は確かにありますね。

このようになる運命だったから仕方ない。とか、どうせ私はこのような運命なんだと諦める人。

でも運命を変えようとすれば、いつでも簡単に変えられるのです。

先ほど言ったように、学校を転校したり、職場を変えたり、住所を変えたり環境を変えれば、出会わ

なかったはずの人との出会いもあり、人生が変わるきっかけにもなりますよね。

私の好きな言葉に・・・・・

心が変われば態度が変わる
態度が変われば行動が変わる
行動が変われば習慣が変わる
習慣が変われば人格が変わる
人格が変われば運命が変わる
運命が変われば人生が変わる

このように、運命は自分でいつでも変えられるのです、運命が変われば運勢も変わるのです。

つまり、心が変われば運命が変わり人生が変わるのです。

しかし、「宿命」は変えられません。

貴方が男や女に生まれたことや、日本で生まれ日本人であること、その土地で生まれたこと、

親も選べられないし、長男には長男の宿命が有り、長女には長女の宿命があるのです。

絶対に変えられないのが宿命なのです。

その絶対変えられない宿命の範囲内で、運命や運勢を変えて生きて行く事が出来るのです。

ちなみに、貴方は次生まれ変わるとしたら、男が良いですか?それとも女?

統計学的に言えば、男は男に、女は女に生まれたいのが約80%だとか。

実際に生まれ変わるのは男は男に、女は女に生まれ変わるのが90%以上のようです。

ちなみに、必ず人間は人間に生まれ変わります。よく言われる他の動物、蛇や、犬、馬、魚等

には絶対生まれ変わりません。ご心配なく(笑)

 

そして「天命」について・・・

天から授かった運命。(素質、センスです)

医者には医者の素質が有り、スポーツマンにはスポーツマンの、教師には教師の歌手には歌手の

素質、センスがあるのを天(神)から授かった天命であり、そのために与えられた命なのです。

それはその親や先祖のDNAを引き継ぐ事が多いようです。

 

皆それぞれ、天命があるはずです。天命に外れた事をすれば苦労をします。

例えば子供が嫌いなのに、先生や保育士になったり、医者が嫌いなのに親に勧められて医者に

なったりすると、間違いを起こすのです。

世の中には色んな川があり、色んな川の流れがあるのです。

その川に入って、川の流れに沿って泳いで行くのはとてもたやすいのですが、川の流れに逆らって

泳ぐのは、とても辛いのです。一生懸命泳いで少し進んでも、疲れて直ぐ戻されるように・・・

自分の職業や生き方が川の流れに逆らってないのか?を、知るべきなのです。

人それぞれ、天命の適職があるはずなのですが、それを知ろうともしないのは不思議ですね〜。

人にはそれぞれ天命があります。天命を知り、悟り、それを学ぶのを立命学と言います。

立命館大学はその天命を知り、それを学び躍進さすのが本来の目的である学校名だと思います。

「立命」という言葉は中国の孟子(もうし)の教えで、人間の本分を全うするという意味です。

40にして惑わず、50にして天命を知るという有名な言葉がありますね。

未だ平均寿命が短かった頃の言葉です。(私は40にして天命を知る:笑)神さまのおかげです)

 

そして「知命」について・・・・

平均寿命が短かった頃50歳のことを知命と言ったそうですが、「論語」の一節で人が年齢と共に

成長する事について述べた言葉です。

それは・・・・

「わたしは15歳にして学問を志し、30歳にして独立した立場を持ち、40歳にして迷わず、50歳に

して天命を知り、60歳にして人の言葉を素直に聞くことができ、 70歳にして心に従って振舞って

も道を外すことがなくなった」というものです。そこから・・・

15歳は「志学(しがく)
30歳は「而立(じりつ)
40歳は「不惑(ふわく)
50歳は「知命(ちめい)
60歳は「耳順(じじゅん)
70歳は「従心(じゅうしん)とよばれるようになりました。(ネットで調べました:笑)

私は従心なので、80歳になった何と呼ぶのだろう?

この頃の70歳は現在の100歳くらいでしょうかね〜・・・

 

私の思っていた知命と感覚は全く違いますね〜・・・

私の想像する「知命」とは読んで字の如く、「知る命」

運命、宿命、天命、立命も全てを知る、命を知る「己を知る」事だと信じています。

私は「己を知る」とは=「知る命」=「知命」だと思うのです。

 

釈迦が一番教えたかったのは「己を知ること」なのです。

貴方は本当の自分を知ってますか?

自分のことは誰よりも自分が一番知っとるわい!と言う声が聞こえそうですが、案外自分を

知ることは難しいのです。私ですか?自分のことは、未だあまりよく知りません。

本当の自分を知っているのは1万人に1人居るか居ないかくらいでしょうね。

 

智者と聞いてどんな人を想像しますか?

頭が良く、知識が豊富で、弁が立つ人?では弁護士みたいな人かな?

いいえ違いますよ!

老子によれば、智者とは他人を理解できる人。

人の能力や適性を含めて見極めることができ、なおかつ他人を思いやることができる人を「智者」

だとされています。

老子の思想には、「智者」のさらに上をいく存在があります。
それが、「明智の人」
どういう人を意味するかと言うと、簡単に言うと、「己=自分」のことをよく知っている人のことです。

老子によれば、他人のことを知るだけではせいぜい「智」にとどまるのであって、
己を知る者こそが「明智の人」だというわけです。

ここで言う“明智”とは、明らかに智る(さとる)ことで、人を知ること以上に難しいことなのです。

戦国時代の武士道に「士は己を知る者の為に死す」という言葉あります。

つまり、自分の真価をよく知ってくれて、認めてくれた人のためなら死んでもよいと思うのです。

 

私は「知命」とは運命・宿命・天命等、全てを熟知して、他人を知り、己を知ることにより命の

必然性を知ることで、他人を理解できるのだと解釈しています。

ネットで調べると「知命は50歳」のこと?・・・・

(私の解釈とだいぶ違ってますね、私の解釈が間違って居るのかも知れません)

ま〜いいや!・・今日はここまでにしますね。

 

では又・・・・管理人。


人気ブログランキング

 

 

神様は何処から来たのだろう?

  • 2020.03.07 Saturday
  • 03:21

今回は目線を代え、次元を超えた話をしましょう。(馬鹿らしいと思うかも知れませんけど)

そもそも次元とは何だろう?

次元とは数学的に、空間の広がりを示す為の指標なのです。

 

一次元は直線・二次元は面・三次元は立体・四次元はそれに時間を加えた指標なのです。

つまり、三次元迄は普段私たちが常に見ているもの、それが動く時間と空間が四次元。

だから飛んだり跳ねたりしたりするのも、飛行機で移動するのも四次元の世界なのです。

そしてその空間・時間のずれが幾つかあり、何十次元もあるのでしょうね。

私、頭が悪いので専門家みたいな説明が出来なくてすみません。m(_ _)m

 

例えば、我々人間の寿命が100年とすると、セミの寿命は土の中で数年、成虫になって

地上に出てからは10日〜2週間ほどの命と言われています。

その2週間ほどの間に、恋をして卵を産み子孫を残して死んでゆく。

100年寿命のある人間の一日と、2週間の寿命のセミの一日と、同じ24時間でも感じる

時間の長さ(ずれ)があると思います。(それが次元が違うと言う意味かな)

 

そして私たち人間の細胞も当然生きています。その細胞は37兆あるそうです。

その細胞も一日約3千億個が死に、同じ数だけの細胞が毎日生まれているのです。

私たちはその37兆の細胞が集まり一人の人間として生きている。

毎日3千億個の細胞が生まれ変わっている。その個々の細胞も意識があるのです。

悪玉菌にやられまいと、コロナウイルスにやられまいと意識して働いているのです。

その1つの細胞の中で生きているミトコンドリア達・・・・・

人間の体もミトコンドリアの事まで追求して考えると宇宙と似ていませんか??

人間の体は小さな宇宙なのです。

人間は地球と言う小さな星の表面で、85億人が生存しています。

・・・・・・・・・・・・

又、本題からそれてしまいましたがもう少し付き合って下さいね。(笑)

その地球は、時速約1700劼梁さで自転しながら、太陽を中心に1年に1回、正確に凄いスピードで

太陽を廻る惑星の一つです。その地球から見える無数の星座達・・・

例えば私の一番好きなオリオン座

オリオンの右肩になるペテルギウスがとても大きな星で、太陽の1400倍あるのです。

地球から640億光年も離れているが、爆発寸前の星なのです。

もし今日爆発して、その欠片が光の速さで地球に向かって来たとしても届くのは、

640億年も先の事なのです。もう爆発して向かっているのかも知れません。

オリオンが神だとすれば、我々地球人はミトコンドリア以下の小さな微生物かも知れませんね。

我々人間の寿命100年としても、オリオンから見れば一瞬でしょうね。

そのように考えると、人間の寿命なんて短くはかないものなのです。我々はその私たちの

次元の中でひしめき合い、悩み、楽しみ、喜び、悲しみ生きているのですミトコンドリアのように。

・・・・・・・・・・・・・・・

天地創造の神が地球を造ったのは46億年前(地球誕生から46億年経ってることから)

その神は現在どこにいるのか知りませんが、地球上に沢山の神様がいらっしゃいます。

そうでないと85億人の人間を管理できませんよね〜・・・

昔は神様も少なかったと思います。

天照大神の5世孫、神日本磐余彦天皇(かむやまといわれびこのすめらみこと)が初代天皇

檀霤傾弔箸靴篤本を建国し即位したのが紀元前660年だから2680年前(最近ですね:笑)

日本が「倭国」から正式に「日本」となったのは600年後半なので、1350年ほど前なのかな?

 

ずーっと遡り、縄文時代(日本列島が大陸から分離した頃)が1万年位前なので、地球の歴史

46億年間の間に、何度も生物が誕生しては絶滅の繰り返しをてきたと想像しても不思議では

ないと思います。恐竜が現れたのが約2億年前で絶滅したのが6550年前なのです。

人類が現れて、1万年位で文明は現在のようにまでに発達してます。

もし仮に、過去に人類の歴史が5万年あったと仮定すれば、どのような文明だったのでしょうね。

もっと頭の良い生物が居たのかも知れませんよ。

地球の歴史は、過去に生物が生まれては、絶滅をしての繰り返しを4回しているそうです。

現在がその4回目ということらしいです(もっとあったのかも知れませんが現在解る範囲内で)

46億年の歴史の中で、現在の歴史が1万年あるとしても、一瞬の事だから今まで何度も色んな生物

の世界があって、何度も絶滅を繰り返してきたと想像しても全然不思議ではないでしょう。

 

現在の世界が、地球誕生から4回目の世界だとすれば、前回3回目の世界があった頃の神さま

を祀ってる世界最古の神さまを祀ってる神宮が日本にあるのです。

それは九州阿蘇の弊立神宮です。↓

(この写真からも神霊の輪が幾つか見えますね。わかるでしょうか?)

以前行った時に、ブログに書いてますので未だ見てない方は見て下さいね。

http://kimama.komatsu-j.info/?eid=473

 

 大宇宙大和神(おおとのちおおかみ)を祀っているのです。凄いパワーのある神社でした。

以前に書きましたので、ここでは省きます。

 

現在この世に神様は何人(幾柱)いるのでしょう?考えたことありますか?

多分数千万〜1億以上は居るかも知れませんね〜。

 

「神様は何処から来たのだろう?」やっと本題です(笑)

私の、個人的な発想なのですが・・・・

スケールの大きさから、元はとても大きな宇宙の神で、次元の違う所から来たのだと思います。

そして自分の代理の神を創り、神が神を生み、沢山の神が増えたのだと思います。

そして神は分身の術を使います。

同じ名前の神が、全国至る所に鎮座されています。

分身の神でも、常時そこに居るとは限りません。時々外出する時もあるようです。

その時は、自分のお付きの者(神の弟子又は巫女)に留守番をさせる時もあるようです。

神の使いとして、龍、鳥、狐、蛇、等もそうかも知れませんね。

又、・・・例えば大国様やスサノオが祭神となっている立派な神社でも、時々女性の神様が

感じられるときも(巫女かな?)あります。

男女の神が逆の場合もあります。

又、神社によっては神さまが留守で全く神気が感じられない神社もあります。

又逆に、神を祀る神社なのに神様は居らず、怪しき魔界に乗っ取られている神社も出会った

事があります。(私は無視して、さっさと立ち去りますけどね・笑)

 

魔界の者?邪悪な魂?魑魅魍魎?悪魔?死神?疫病神?幽霊?地縛霊?霊道?怨念?

聞くだけで怖そうな言葉なのですが、別に取り合わなければ悪さはしませんよ。

我々の現界で共存している次元の違う者達なのですが、波長を合わせなければ恐怖もありません。

波長を合わせるとは、テレビのチャンネル合わせるみたいなものです。

嫌なら、見なかったら良いのです。

体質的に、見えたり感じたりする才能?のある人には向こうから波長を合わせてきますが

その時は意識して、チャンネルを変えるだけで良いのです。

魔界の者達が共通して嫌いなチャンネルがあります。

 

それは賑やかな音、笑い声、明るい光、暑い、強い風、気合い等です。

神社のお祭りは、賑やかな音、笑い声、ガランガランと鈴の音、それと暑い所も苦手のようです

色んな所で霊を感じたことがありますが、サウナではないですね。そして台風などの風の強いときに

幽霊は外をちょろちょろしないし、火玉が飛んでいるのを見たことないです(笑)

 

呼吸も陰の呼吸と陽のの呼吸があります。

陰の呼吸とは吸う呼吸で、陽の呼吸とは吐く呼吸の事です。

笑ったり、歌ったり、力を込めて太鼓を叩いたり、エィっと気合いを出すときは吐く呼吸が強い

ので陽の呼吸と云います。神社で手を合わしてお参りするときも息を吐きますよね。

 

陰の呼吸とは、吸う力が強いときを陰の呼吸と云います。

肩をすぼめて泣くとき、暗い夜道やお化けが出そうな気持ち悪いときは吸う力が強くなっています。

いつでも「キャ〜」と悲鳴を出せれるように準備しているときは陰の呼吸になっているのです。

そんな状態の時に限って魔界の方から波長を合わせに来るのです。

魔界や霊界のもの達は波長を合わせてくれて気づいてくれたら嬉しいのでしょうね〜・・・

チャンネルを合わすも、合わさないも自由ですから好きにして下さい。

私は昔、良くチャンネルを合わし楽しんでいましたが、とても疲れるので辞めました。

出来るだけ合わさない方が良いと思いますよ。いつもチャンネルを合わしていると、チャンネルが

戻らなくなります。霊界の方からチャンネルを合わしに来るのです。

・・・・・・・・・・・・・・

「神さまは何処から来たのだろう?」この題に書くことをいっぱい考えていたのに忘れました(笑)

いや、面白いことをいっぱい書いてたのですが、パソコンが固まって全部消えてしまいました。

思い出して書くのは疲れるので、今日はここまでにしますね。

要するに私が書きたかったのは、次元をずらして考えて見れば、人間の100年の一生なんて一瞬なの

です。一瞬の刹那刹那の積み重ねを楽しく、面白く、後悔しないように生きることが大事なのです。

幸せは、求めるものではなく、気づくものなのです。不満なんか吹っ飛びますよ。

続きは又、いつか書きたくなったら書きますね。

では又・・・・管理人。

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

 

 

そもそも神とは何ぞや?

  • 2020.03.02 Monday
  • 00:13

そもそも神とは何ぞや?前回の続きです。

神様は沢山いらっしゃいます。八百万の神と書いて(ヤオヨロズノカミ)と読みますが

神様の数は800万どこどではなく、もっと数え切れないほど居るのです。

 

 

神様の中には、良い神ばかりではないのです。悪い神もいます。

貧乏神・疫病神・死神などが居ます。

貧乏神、疫病神は居るかも知れないですが、実際見たことないので解りませんが、死神はいます。

実際に見たことがあるのです。病院で・・・・

以前も少し書いたことがあるのですが・・・http://kimama.komatsu-j.info/?eid=427

このような黒い服を着て、鎌を持っていました、これほどは大きな鎌ではなかったのですが

はっきり覚えています。

2回見かけました。ある病院で・・・

以前このことをブログに書いた時、私も見ましたと言うコメントが幾つか来たのでこのような

死に神を見たことのある人は沢山いると思います。

死神と言えないのかも知れませんが、魔界よりの使いが死神かも知れませんね。

さすがの私でも、ゾクッとして目が合ったらどうしょうかと思いました。(笑)

そして神様と呼ばれる有り難い神様でも、人間と同じくそれぞれ個性があるのです。

「触らぬ神に祟りなし」という名句があるように、浅はかな心で神様に接するのは失礼に当たる

ので、それなら神様には感謝の心と、ご挨拶だけの方が良いかもしれませんね。

うっかり神様に期待をされて、期待に応えなれれば叱られる事になります。私は何度も神様に

叱られました。(笑)それでも神様が好きだからしょうがない。

何度も助けてもらいました。現在もしょうがない奴だなと、助けてもらっています。(笑)

 

そして神様は意外と近いところにいるのですよ。

そうです、神様は貴方の心の中に住んでいるのです。

三種の神器の中に「鏡」があります。

鏡とは、反射するもの、映すもの、光るもの、太陽のイメージなのです。

一般的な神棚にも、中央に鏡を置きますよね。

(我が家の神棚はこんな立派な神鏡ではなく、100均の手鏡なのです)

毎日のご挨拶に手を合わした時に、自分の顔が映るようにしています。

何故神棚に鏡を置くのか?

まず、日本書紀の中に記されている三大神勅(さんだいちょくゆ)というものがあります。

それは、天照大神が孫のニニギに天から地上に降りる時に命じた神の命令書みたいなものです。

 

天照大神の三大神勅「神の命令書」

一、天壌無窮(てんじょうむきゅう)の神勅

葦原の中津国(日本)に行ってそこを治めよ。そして子孫が代々治める地としなさい。

そうして(ニニギノミコト)の子孫が天皇家といわれています。

 

二、宝鏡奉斎(ほうきょうほうさい)の神勅

この鏡を見ることは私を見るのと同じことだと考えて鏡をお前が住む宮殿内に一緒にお祀りしなさい。

と渡されたのが、三種の神器の一つ「八咫鏡」なのです。

しかし、時代を経て「やっぱり自分と一緒のところに祀るのは恐れ多い」としてその鏡を祀る場所を

探した結果伊勢が良いということになり、伊勢神宮建立のきっかけとなったのです。

 

三、齋庭の稲穂(ゆにわのいなほ)の神勅

高天原にある稲穂をおまえに任せるぞみたいな内容。

 

反射する鏡を太陽と考えた?

天照大神は太陽神と考え「八咫鏡」を天照大神の御神体としてお祀りしたのでしょう。

こうして鏡は神社や神棚に置かれるようになったんだと思われます。

 

神棚の鏡も自分の姿や心を映し、自分を見つめ直し反省させるアイテムだと解釈しています。

だから神棚に向かって神様にお祈りする時も、自分の心に曇りはないのか?間違って無いのか?

昨日は良いことをしたのか?今日も良い事が出来るのか?必要とされるように努力しますと誓うのです。

その誓いは私の身体の中に住む神様も聞いているのです。

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

神様の世界はとても難しいです。

私は何十年も前から古事記を紐解きながら、各神社を廻って此処にこの神様が何でいるのだろう?

とか、色々想像しながら巡るのもロマンがあって楽しいものです。

おそらく一生掛かっても古事記すら完全に紐解けないかも知れません。

日本書紀や竹内文書もあり、聖書やギリシア神話も繋がるところもあり、あ、ここ繋がった!

と思った時はとても面白いのです。私は暇さえ有ればそんなことを調べる事が大好きなのです。

神界、霊界、幽界、不思議なものには魅力を感じるのです。

何でも不思議なものには魅力を感じますね〜・・・・

人間も不思議な人に魅力を感じますね〜・・・解ってしまえば魅力を感じませんけど(笑)

 

そもそも神様とは何ぞや??

簡単に政治家に置き換えると、解りやすいかも知れませんね〜叱られるを承知で説明すると・・

天照大神=天皇陛下

大国様、スサノオ、弁財天、恵比寿様、等々の有名な神様=総理大臣や各大臣

その他大勢の神様=衆議院・参議院

と置き換えてみると、色々と性格の違う大臣や議員もいるように、神様も性格の違う神様がいるのです。

どんな議員でも、皆先生と呼ばれ側近のブレーンが居て、秘書がいるのです。

そんな立派な先生方でも、自分に合う人と会わない人がいるのです。

こんなことを言ったら神様にあんなレベルの低い政治家と一緒にするな!と叱られそう(笑)

でも火の神と水の神が、風神と雷神が同じ性格ならおかしいでしょうねぇ。

 

もっと書くことはいっぱいあるのですが、話がそれてとても長くなりそうなので

今日はここまでにしますね。

では又・・・・管理人。

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

そもそも神とは何ぞや?

  • 2020.02.23 Sunday
  • 22:58

神とは何ぞや?・・私ごとき単なる不動産屋の親父が何をこんな、だいそれたお題を書くのか?

神様を暴くようなことは普通、神道派の人は誰も書きません。

そうなんです、私は普通じゃないのです。狂っているのかも(笑)

私のブログは10年ほどになるのですが、昔から見てくれてる方は私のことを知っているのですが

最近訪問してくれた方が見ると、不動産の親父が仕事と何の関係もないくだらんことを書いているのか?

と、思われるかも知れないので、簡単に自己紹介しますね。(簡単にできるかな〜)

私、あるきっかけから神様の虜になり、神道派まっしぐらの生活でブログを書いているのですが・・

何も知らない昔は仏教徒だったのです。

未だ15〜16の頃、自分を守る為にも、人を守る為にも、強くなければ守ることも出来ない。

それをつくづく実感したことがあったのです。

自分は強いと云う裏付けがあって初めて、強い者に対しても対等に言いたいことが言えるのです。

そう思って、強くなりたい一心で少林寺拳法の門を叩いたのです。

入門して初めて解ったのが、少林寺拳法は武術だけではなく宗教だったのです。正式な名前は・・・

「宗教法人金剛禅総本山少林寺」という団体であり、少林寺拳法はその中で心身を錬磨し体技を

身につけ精神面と体力と技術を学ぶ教えだったのです(心・技・体)を学ぶ道場なのです。

毎日座禅を組むことから始めます。

寒い冬でも薄い胴衣一枚で板の間に座禅を組み、しばらくしてから拳法の教訓を唱え、それから

気合いを入れて練習に取りかかるのです。

(香川県多度津町にある立派な少林寺拳法の本部です)

私が入門した頃は、本部と言っても木造の学校のような建物でしたが、私たち会員の寄付によって

建立されたのだと思います。

一級までは各支部でもらえるのですが、各昇段試験は本部でないと受けられません。

当時館長の「宗道臣」先生も健在で、簡単に投げつけられた経験もあります。そもそも少林寺拳法

は、だるま大師の教えで、釈迦の28代目の弟子とされています。

立派な釈迦の教えを若い者に教えるには健全な肉体を同時に鍛えるのが必要ではないかと8年間、

座禅を組んで編み出したのが2つの流派で一つは、スピードに重点を置いた直線の(少林拳)

もうひとつは破壊力と呼吸法に重点を置いた円の動きの(太極拳)

中国少林寺で少林拳を会得した宗道臣は日本に帰って少林寺拳法と名を改め世界に広めたのです。

(つまり宗道臣はだるま大師の何代目かの弟子になりますね)

私は8年間少林寺に席を置いていてその間、沢山の良いことを学びました。

(私の人生で一番楽しかった思い出です)

少林寺を習って私の大好きだった言葉は・・・

『己こそ己の寄るべ己を置きて誰に寄るべぞ。
よく整えし己こそまこと得難き寄るべなり。
自ら悪をなさば自ら汚れ
自ら悪をなさざれば自らが清し。
清きも清からざるも自らのことなり。
他のものに寄りて清むることを得ず。』

 

70歳になった今も、この言葉は頭に焼き付いています。本当に拳法をやって良かったと思っています。

 

そして23歳の頃、素晴らしい先生に出会いました。ある宗教法人の教会長さんなのですが、私の

母が凄い人に出会った、何もしゃべらないのに全てお見通しで、自分の考えていることも全部

みぬかれた。一度行ってみたら良いよ・・・と言われて即、会いたくなって行ってきました。

只、白い紙に生年月日と名前を書くだけ。そしてその教会長は(お婆さんでもう亡くなりました)

神殿に何やらブツブツとご挨拶し後ろで正座している私に向きを変え、手を合わしている私と

対峙して息を下にしゅ〜〜っと吐きながら両手を下に広げると、座ってる畳の上を白い雲のような

ものが(厚さ5僂曚鼻縫機舛辰塙がり空気が一瞬に変わるのが見えた。

 

(何じゃこれは?凄い!)そして先生が何か歌い出す、意味が分からんけど私のことや?お墓の

こと?先祖のことを歌ってるみたい・・・・可愛いや○○○(私の名前)可愛いや○○○等と

色々と歌う(15分ほど)そして終わると、綺麗な鎧を着た高貴な武士が出てきた。あなたの先祖

は武士でしょう。そしてその後ろにとても偉い神様が出てきてあなたを可愛いと守っている。

 

(へぇ〜どんな神様ですか?)名前は分かりませんが、今まで出会った事のない凄く偉い神様です。

あなたは人に道を教え、多くの人を救う事を神様は期待しています。

(先生に貴方も修行しなさいと言われ、あ、そう?)と人事のように笑いながら聞き流していました。

でも凄い力のある先生だと感じました。それから数年何度か相談に行ってましたが、そのうち私も

結婚して、その嫁が又、私に似て霊感が強いのです。

 

こんな先生がいたよと話をすると、是非先生に会いたいと言うので連れて行くと嫁は虜になり、

入会して会員になろうよと2人で、その宗教団体に入会したことでした。

そこで悩み相談に来る人達に、的確に対応する先生の神通力に感激したり、何度も不思議な体験を

経験したり、勉強をさせて貰ってるうちに数年後には、いつの間にか青年部長とか言う肩書きに

になっていました。

 

そして、確かオウム真理教が有名になる数年前だったと思います。

その後オウム真理教が事件を起こし、悪どく危険なオウムの勧誘のやり方がテレビで全国に報道され、

宗教自体が悪者のように思われて全国、全ての宗教団体の会員が激少したのです。

そして、全国宗教連合会(全宗連)が、(現在の公益財団法人新日本宗教団体連合会)が発足し

「信仰心を広め、世界の平和に貢献しよう」をスローガンと掲げて若い世代の獲得に力をいれようと

私も微力ながら、その一員として活動してたのです。

 

各宗派から、幹部数名が出席し我が教会はこのようなことを教え、特徴は○○のようなこと

をします。そして各宗派が集まり、お茶菓子で親睦会を始め色々と雑談をしたりしていると、

各宗派の体験談や、失敗談、目標等、色々と面白い話も聞けて楽しいのです。

色々な話を聞けて楽しいのですが、・・・何処の宗派の幹部も同じ事に悩まされています。

それは幹部の派閥争いです。何処の宗派も間違いなくそれで悩んでいます。

下の一般会員は全くそんな悩みに気づかないでしょうけど、あるんですよね〜それが・・

実は私の教会もそうでした。

 

私はそれが嫌で、又尊敬していた協会長様が亡くなられたこともあり、退会したのです。

何処の宗教団体も教えはとても良いのですが、上層部のもめ事には関わりたくないのです。

何処の宗教でも押し上げられて幹部になる人は皆、いい人ばかりです。

しかし、派閥争いとなれば意見が分かれ、態度も変わり小さな宗教戦争ですね〜(笑)

それが嫌で、私は何処の宗派にも属せず一人で神社仏閣に神様と繋がりたく、参拝してたのです。

 

ところがあるきっかけで、徳島の○○先生を紹介して貰いました。

神道一筋の男の先生です。(この先生も亡くなりました)

この先生のやり方は、部屋中に沢山の神札をお奉りしており、来て欲しい神様に降臨してもらい

その神様と会話して解決方法を聞くというやり方なのです。・・・・

最初神殿に向かって神道大祓の祝詞を上げるのですが、これが上手い!上手すぎる。今まで沢山

の神主さんや神主の祝詞のCDも買って持っているのですが、全く別格でした。

祝詞の途中で吹く石笛もとても素晴らしく、魂に響くようでした。(神様降臨するはず)

そこは仏教のような教会でもなく、一度入会して会費を払い登録すれば永久に後は要りません。

同好会みたいな所で、先生を慕って来る弟子達も神がかりな凄い力を皆持っている。

周に一度、夜勉強会があり高知から徳島の穴吹まで毎週通いました。

 

この先生のおかげで、私のモヤモヤ感が全て払拭され、私を守護している神様も誰なのか解り

ました。この先生の影響を受け私は何の迷いもなく、神道派一筋に生きるようになったのです。

私は仏教が悪いとは思いません。

仏教には仏教の良いところが、宗教宗派にもそれぞれ素晴らしいものがあります。

人それぞれ、向き不向きがあり、合う合わないがあって当然だと思うのです。

私の場合は、仏教よりも神道の方がしっくり合ってたと言うだけなのです。

 

只、何の信仰にしろ目的は同じで、神仏に教えを請い、間違ったことを改め、自分に正直に

人を困らせず、神仏の力を借りて、病気や悪霊、魔界を払い清め神仏に感謝して生きること。

そして、神仏に愛されるように努め、世間に必要とされるように生きるのが信仰する者の勤め

だと思うのです。

 

ただ、私としてはどうしても納得の出来ない宗派もあります。

宗教団体も信者が増えれば、色々と経費も掛かり台所事情も良く解るのですが・・・

この宗教に入らなければ、不幸になりますよとか、会費を納めないと神さまと縁が切れますよとか、

金儲け主義の宗派、祈祷師や占い師もそうですね、除霊をするとかでウン十万円も請求する人。

私は偽物だと断言します。

 

たとえ本物で凄い神通力があろうとも邪悪な心で接する人は本物だとは認めません。

そんな高いお金を無理して払わなくとも、本物は人助けのために(自分の修行のために)身を粉に

して働く人は沢山いますよ。・・・※私ではありませんけど(笑)

やっと自己紹介が終わりました・・・(笑)

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

さて本題です。

神とは何ぞや?・・・・・

神さまを一言で説明するのはとても難しいのですが・・・

日本の場合は、至る所に神様がいらっしゃいます。

火の神、水の神、土地の神、井戸の神、山の神、海の神、石や木等にも神様は宿っています。

勘違いするのは、神様と魂です。

 

人の魂や念は何でも宿ります。例えば精魂込めて描いた絵画や、美術工芸品にも念が宿るし

何かの物に魂を念じて入れようと思えば何にでも魂は宿るのです。

例えば以前、私が描いた神社の画を先生に見せて、先生この神社の中に神様を入れることは

出来ませんか?とお願いすると、先生は簡単に良しやってみようと、その画にお祈りをして

神社の中に神様を入れてもらいました。(私を守ってくれる私の神様です)

 

昔、画の好きな人が私の絵を何枚か見て、神社の画をみてこれは凄いと手かざしをして

何かビンビンと伝わってくると言いました。何も説明してないのに、その方は感じる方だった

のでしょうね。・・・・

 

又、昔お世話になった教会長先生のところに、相談に来た人が娘が体調が悪いとずっと寝込んで

います、ここへ連れてきて見て貰いたいのですけど、ベットから起き上がれないので、どうした

ら良いですか?・・の相談に先生は何か普段着ている服を持ってきて下さい、それで見ましょう。

翌日、お父さんは娘の普段着ているピンクのパジャマを持ってきました。

 

先生は、少し触れただけでこれは可哀想!未だ若いのに・・綺麗な子じゃないですか・・・

(父:ハイ来年成人式です)

先生:喉の手術をしていますね、癌が沢山転移していますね。可哀想だけど、ここまで酷いと

手の打ちようがありません。もう少し早ければ何とか出来たかも知れないけどね。

(父:やはりそうですか・・そうではないかと思ったけど何も言ってくれないと)

このように、解る人は見ただけ、触れただけで全て解るのです。

 

人は肉体が死んでも魂は残ります。(絶対的な裏付けもあります)

 

では魂は死なないのか?

(死にます。成仏します。人によって違いますが、何百年もかかる人もいれば数年で成仏する人も)

 

死後、魂は神となるのか?

(いいえ、神には中々なれません。現世でも、死後も沢山の修行をして、やっと1年生の神かな)

 

死んだら魂はどうなるのか?

「仏教の教えでは、49日の間は自由に何処でも行きたいところに行けます。でも7日に一度帰って

来て審議(裁判)を受けなければなりません(自分のして来たこと)それを7回で49日です。7回

の審議を受けた後、裁判の判決が出るのです。天国へ行く人、地獄に行く人、地縛霊となる人、浮遊霊

となる人に分けられるのです。天国は階級が4つ、地獄は階級が3つ有るそうです」

 

神道の死後の教えは仏教と少し違うのですが、仏教ほど階級は多くありません。死後誰かの守護霊と

なる魂があります。後は似たようなものです。

未だ書きたい事はいっぱいあるのですが、だらだらと長くなったので、今回はここまでにします。

次回続きを書く予定にします。

 

では又・・・・管理人。

 


人気ブログランキング

 

 

 

 

聖徳太子は神の子、では何をした人?

  • 2020.02.16 Sunday
  • 14:20

聖徳太子は何をした人ですか?と聞かれて何と答えますか?

一万円札の肖像画にもなっていた聖徳太子。現在の50歳代以上の年代にとっては懐かしく

親しみのある顔ですよね〜・・・とにかく我々世代はとても偉い人としか習ってなかった。

小学校か中学で習ったのは、とても頭が良く10人の話を同時に聞いて全てを理解できたとか・・・

中国の文化や制度を学び冠位十二階や憲法17条を定めた人と伝えられていますけど・・・

世界中、何処もそうなのですが日本も劣らず、学校で習う歴史にはでたらめが多いですね。

勝てば官軍、負ければ賊軍、死人に口なし、歴史など勝った者が自由に変えられるのです。

何をした人かと一言で言えば「日本に仏教を広めた人」でしょうね。

もう少し率直に言えば「日本に仏教を広める為に利用された人」だと思います。

聖徳太子の右手側に居るのが弟の殖栗皇子(エグリノミコ:用明天皇第5皇子)で左手側にいるのが

聖徳太子の長男で山背大兄王(やましろのおおえのおう)(女の子が2人かと思ってました:笑)

この頃は聖徳太子とは云わす、厩戸皇子(うまやどのおうじ)と呼ばれていたのです。

聖徳太子と云う立派な名前で呼ばれるようになったのは、死後129年も経ってからのことです。

厩戸(うまやど)とは馬小屋のことで、そこで生まれたから厩戸の皇子とからかわれていたのだと

思います。何故??

臨月の天皇の正室(皇后様)が、馬小屋で出産すると思いますか?用明天皇と后の間の子ではなく

出産したのは用明天皇お手つきの女官が出産したので側室とされたのですが、その子は

できが悪いと云うか、かなりの知恵遅れだったと想像できます。歴史とは全く真逆なのです。

歴史上の母親は欽明天皇の第三皇女だと伝えられていますが、疑わしく思います。

長くなるので、ここではその説明を省きます・・・・・・

天皇のルーツをたどれば、初代神武天皇になるのですが、神武天皇の先祖をたどれば

有名な神の名前がずらずらと出てきて、その上が天照大神になるので、天皇一族は

れっきとした神の血を引く一族なのです。(いや、そのはずだったのです)

 

初代神武天皇から31代目天皇が用明天皇で、その第2子が聖徳太子となるのですが・・・・

聖徳太子と呼ばれるようになったのは、死後129年も経ってからのことでそれまでは

厩戸皇子(うまやどのおうじ・うまやどのみこ)と呼ばれていたようです。

普通に考えて、天皇の子をそんな呼び方をしないでしょう?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

この頃、日本では宗教戦争が起こっていました約80年ほど続く豪族対豪族の戦いです。

それが「神道派の物部氏VS仏教派の蘇我氏」の戦いなのです。

神道派の物部氏は、神話の時代から天皇に仕える、神道を司る由緒正しい家系。

仏教派の蘇我氏は大臣に並ぶ地位の大連(おおわらじ)として政治に携わる豪族。

 

仏教派は日本には神だけではなく、宗教は自由だ隣国中国から偉い仏教を呼び日本に広める

べきだ。神道には拝む対象の像がない!仏教には沢山の像があり、手を合わし拝む対象像がある。

確かに神道には、拝む対象物(像)がなく、鏡か紙を切った御幣、もしくは丸にチョン、御幣

鏡、太陽などが神のシンボルとされ拝まれています。

仏教には、数え切れないほどの沢山の像があるのですが、神道にはそのような物がないのです。

 

(神道では拝む像と云うものがないのです。)

それを不服とした仏教推進派の蘇我一族は、信仰は自由だ他国にも素晴らしい神は居る

日本にも入れるべきだと云う意見。

それに対し、神道派の物部一族(天皇を守る精鋭部隊を連れている)は、日本は神国だ

日本に他国の神を入れるのは、日本古来の神に失礼だ。絶対入れるべきではない。

と、云う意見がぶつかり、何十年も蘇我VS物部の戦いが続いていたのです。

つまり神道派と仏教派の戦いで沢山の犠牲者が出たのです。

その頃、ほうそう(天然痘)がはやり、沢山の病人や死者が出たのです。

当時の用明天皇も病にかかり、病床に伏せるようになったのです。

天然痘に悩む31代用明天皇。手に持っているのは鏡かな?

用明天皇はそのため在位2年たらずで崩御されたのです。

后の推古天皇の母親は蘇我稲目の娘。蘇我一族の圧力が掛かり始めて仏教を公認した天皇

なのです。

病になり秒床に伏した時、物部一族の筆頭頭(物部守屋)が用明天皇に向かって

そらみたことか!仏教を公認するから神の怒りでこのようになったのじゃ!

(と言ったかどうか知らないけど:笑)

神の怒りを静める為に、寺と寺院を焼き払っても宜しいか?

病に伏した用明天皇は、即座にオッケ−えぇよぉ〜とは云わなかったと思うけど・・(笑)

とにかく容認したのです。

天皇に公認してもらった守屋一族は、お寺と寺院を焼き払ったのです。

それを知った蘇我一族は神社を焼き払い、又蘇我一族対物部一族の戦いが再燃するのです。

そのうちに、用明天皇は崩御されたのです。

 

蘇我一族の筆頭(蘇我馬子)は、寺を焼き払っても天然痘は治らない。

日本に仏教を広めるべきだ。と、物部守屋の軍勢に対して沢山の兵士を動員し対決するも

物部一族は、普段から天皇を守る為に教育された傭兵部隊。戦慣れした手練れが沢山いる。

数で勝っても、兵力では圧倒的に物部一族の方が強かったのです。

そこで、馬子は息子の入鹿(いるか)と供託して天皇の子厩戸皇子(うまやどのおうじ)

を神輿に担ぐのです。

(※馬子の娘は厩戸皇子(後の聖徳太子)の乳母だったので、厩戸皇子を生涯、死後も

歴史に残る英雄にしてあげるからと説得したのです)

軽蔑されていた厩戸皇子は、蘇我入鹿の云われるままに仏教推進派の広告塔となったのです。

 

長年続いた物部VS蘇我の戦いは、天皇の子厩戸皇子を見方にすることによって蘇我一族の

圧倒的な有利になるのです。

物部一族は神話の時代から天皇に仕える、神道を司る由緒正しい家系。天皇家は天子さま

に当たるので、天子に向かって弓を引くことは絶対出来ません。

反撃できず防戦一方で、後退し物部守屋は討ち取られ、負けを認めるしかなかったのです。

厩戸皇子(後の聖徳太子)は大馬鹿者だとは思いませんか?

天皇の家系で、天皇になられるかも知れない人なのですよ。

 

現代(昭和天皇の頃)でいえば、厩戸皇子は秋篠宮さまの地位におられた方ですよ。

自分の先祖は神であると子供の頃から教育されているはず。

その先祖神をないがしろにして、仏教推進派の広告塔になり、自分の葬式も仏式で行ったのです。

救いようのない「あほ」だったのかも知れません。

もし秋篠宮さまが、ご先祖様は神様だけど葬儀は神式より仏式の方が良い。

私は葬儀は仏式で行うと言ったら、どのように思いますか?

聖徳太子はそれをやってのけた人なのですよね。

昔から天皇は先祖神の血縁を守る為に、皇室同士の結婚をするのがしきたりとなっていたのですが

血縁者同士の血が濃ゆくなると、偶に変なのが生まれたりするんですよね〜・・・

 

大正天皇もそうでしたよね。

今は学校で教えないでしょうけど、私達世代は学校で大正天皇のことを先生から習った

ことがあります。

少し知的障害が有り(少しではなく、かなり)詔勅を(しょうちょく:みことのり)

言い渡す時に字が読めなく、面倒くさくなって文書をクルクルと丸め、それで議員席の皆の顔を

覗いたと云われています。

小学生でもあり得ませんよね〜・・・・

大正天皇在位15年と短く崩御されたのですが、死因は心筋梗塞とされていますが

本当の病名は解りません。当時一切の民間報道は無く、女官達も皇室で見た些細な

ことでも、親兄弟にもいってはならないとされていたのです。

今上天皇の詔勅です。

天皇継承の晴れの舞台でそんなことをすれば、歴史に残りますよね〜・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

天皇は、現人神である。天子様である。とされたのは昭和天皇までですね。

(※天子とは、天命を受けて天下を治める者の意)

昭和天皇は、これからは天皇は現人神でもなく、天子でもない、普通の人間ですと

言ったことがありましたね〜・・・・

それから後皇后には、一般人の美智子様が選ばれ、美智子皇后様が宮内庁のしきたり

を全て変えていったと言われています。

そして今上天皇の皇后にも、一般人の雅子様が皇后となられ、天子の血も徐々に

薄くなりはじめたのでしょうね。

良かったのか?悪かったのか?解りませんね〜・・・

神のみぞ知るのではと思います。

神に祝福され、愛されるような、頭の良いソロモン王のような皇太子が生まれる事を

期待しますけどね〜・・・・(笑)

 

ついでに、2024年から紙幣が変わります。

 

上記の写真を見て誰だか解りますか?

一万円札(福沢諭吉)→から(渋沢栄一)に

5千円札(樋口一葉)→から(津田梅子)に

千円札は(野口英世)→から(北里柴三郎)に

恥ずかしながら、私は誰一人知りませんでした。(笑)

名前は聞き覚えのある名前なのですが、顔までは全然知りませんでしたね。

決定は誰が決めるのだろう?最後の決定権は財務大臣(麻生太郎)のようですけど。

もっと知名度のある人の方が良いと思うけどな〜・・・

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

今回はここまでにします。

では又・・・・管理人。

 


人気ブログランキング

 

 


 

 

 

 

担当の神さまに愛されてますか?

  • 2020.02.07 Friday
  • 00:13

人はこの世に出生したら、近くの神社の神さまに報告に行きます。

この子が健康に健やかに成長しますようにと、その土地の氏神様にご挨拶に行くのが

日本の伝統行事のお宮参りです。

親の願いは皆、子供が病気をせずに健やかに育ちますようにと、願いを込めて神さまに報告に行く

のです。

その土地の氏神様(産土の神とも言う)は、喜んでその子の一生を担当して管理してくれるのです。

大人になって他の何処の土地にへ行こうとも、神さまはネットワークで繋がってるから、うちの

○○○○がそちらに行くから宜しく頼むと、お願いしてくれているのです。

一生死ぬまで、産土神は貴方を管理して見守ってくれるのです。(※とても有り難い貴方の神様です)

下の写真の絵は違いますよ(笑)

神様の声は聞こえても顔は見せません。私も色んな経験をしましたが神様の顔は未だ見たことないです。

そして生まれた子供の心にも神さまは宿ります。ほぼ全ての人間の体の中に神様は宿っています。

たとえ仏教徒でも、キリスト教でも、ヒンドゥー教でも同じです。自分の体の中に神が宿るのです。

日本の神様は沢山います。八百万の神と言うけど、八百万どころじゃないでしょうね〜・・・

出来ることなら、全ての神様に愛されたいのですがまず不可能です。

神様にも、好き嫌いがあるのです。

私は嫌いな神様はいないけど、とても身近で大好きな神様と、それほどでもない神さまもいます。

威厳がありすぎて、近寄りがたい神様もいらっしゃいます。

私を見守ってくれてる産土の神様は優しくて、とても器の大きな神様で、あまり私を叱りません。

助けてもらったことも何度もあります。でも、叱られたことはないです。

試練を与えられたことはありますけどね〜・・・

私は自分の神様とウケヒ(契約)をしています。

それは「世の中の道具となり、人を助け、必要とされるように努力する」というウケヒなのです。

少々馬鹿な事をしても・・世の中の道具となり、人を助け、必要とされるように努力しています。

これ悪いことですか?と開き直ると、それもそうじゃの〜と言ったか、どうか知らないけど(笑)

私が神様なら、叱りません。人としてのルールを守れよ!くらいは言うかも知れませんが・・・

 

そして自然を愛し、全てのものに感謝して楽しんでいると人生はバラ色に感じます。

生きていると云う実感が湧くのです。

バラの花一つにしても、絵の具や、写真では表せません。深紅の色、香り、立体感等・・・

自然の風に揺られ、香りを放つ生命力のある生き生きとした姿は絶対表現できないのです。

 

暑ければ暑いと冷房を付け、寒ければ暖房を付け、家の中に閉じこもって快適だぁ〜と、テレビゲーム

をしている子供達を見ると可哀想に見えます。(年寄りだな〜:笑)

テレビを見るほど馬鹿になるって聞いたことないですか?

統計なのですが、頭のいい人ほどテレビの視聴時間が短いそうですよ。

頭の悪い人ほど余計な情報で頭がいっぱいだとか・・この俳優のお父さんが誰々で、離婚して誰々と結婚

したけど、浮気して・・このお父さん嫌いだからこのドラマ見ないとか(関係ないじゃんと思うけどね)

私の知り合いの頭の良い人は、ラジオは聞くけどテレビはほとんど見ませんね。

テレビ見る時間がもったいないと・・・分かる気がします。

書きたいことはあるのですが、これ以上は話題がそれるので此処までにしますね。

・・・・・・・・・・・・・・・

神様は沢山います。気性の荒い神も、おとなしい神も、女性の神も、山の神、海の神、川の神、田の神、

先祖神、竜神等、七福神も皆、それぞれ性格が違います。

全ての神に好かれることは不可能かも知れませんが、要するに身近な神様(産土の神:氏神様)

に、可愛い奴だと好かれることが大事なのです。愛されるように努力することです。

 

神様に好かれる方法ですか?・・・・

簡単なことです。

貴方が神様の気持ちになれば直ぐ分かります。

貴方の近くの神社がその付近一体を任せられている国つ神(土地の神様)氏神様なのです。

氏神様は貴方の産土の神でなくとも、産土の神から貴方のことを頼まれているのです。

だから時々で良いから、ご挨拶に行くべきでしょうね。(貴方が氏神でも来てくれた方が嬉しいでしょう)

私は自分がが死んだら、私は神になると信じています。

偉い神様になるには、数十年か数百年掛かるかも知れませんが、神様になる予定です(笑)

そして誰かの守護霊となり、神となっても修行するでしょう。

でも多分、人の好き嫌いもあると思います。たとえ神でもそれぞれ個性はあるはずです。

私を頼って信心し、一生懸命尽くしてくれるのなら、可愛いやっちゃと思い、何とか力になってやろう

助けてやろうと思うでしょうね〜・・・そっぽ向かれたら?私もそっぽ向きますよ。

それが神様の気持ちだと思います。

 

※神様のルールは、天界の偉い神様(多分天照大神よりもっと偉い神)から中つ国(日本)を制定せよ!

と仰せつかり、日本の国を全て制定し一つにまとめたのが、神の血を引く初代神武天皇で以降、天皇は

現在まで126代目と継がれて来ているのですが、明治4年に明治天皇が氏神制度を作り、日本国を小さな

碁盤の目の様に区切り、各地区に神を配置し地区の氏神として守れと制定されているのです。

(そして氏神様が配置される前からその地区を守ってる神様を鎮守様と云います)

そして各県に地区の氏神様を管理、指導している県代表の神様を一宮又は二宮(いちのみや・にのみや)

神社と言います。そしてその各県代表の神の頂点に居る神が日本全土の総氏神様「伊勢神宮」に鎮座

されている天照大神なのです。

 

神様にお願いするには順序というルールがあります。

何でもかんでも一番偉い伊勢神宮へ行って天照大神さまにお願いするのは失礼に当たります。

まず、自宅に祀ってる神様に、そして氏神様に、それでも願いが叶わない時は一宮神社へと・・・

例えば、私は○○町の○○と言います、近くの氏神様に何度もお願いしてるのにちっとも働いてくれま

せん、何とか働いてくれるようにお願いできませんか?・・でも良いと思います。

 

伊勢神宮は基本的にお願いやおねだりをする所ではありません。

但し神宮内には14の別宮と摂社、末社を合わせれば125社あるので、そちらの神様なら願い事をしても

良いと思います。(※最初に感謝の言葉を忘れないように)

 

物事には順序があり、例えば家の前の排水溝が詰まり悪臭がする場合、まず地区長に、そして市町村に

それでも対応してくれない場合は、議員さんにお願いに行くと云うのが順序であって・・・

伊勢神宮へお願いしに行くのは、いきなり天皇陛下にお願いをしに行くようなものなのです。

 

もし貴方が神様で神社に鎮座しているとしたら、あまり知らない人が来て小銭を賽銭箱の入れて、

パチパチと手を叩いて、○○になれますように、宝くじが当たりますように、試験に合格しますように

とお願いされたらどう思いますか?

それで、願い事が叶わなかったら、ちっともお願いを聞いてくれない、どうせ私なんか嫌われて

いるんだろ〜と嘆かれたら、神様の貴方はどのように思いますか?

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

私達も、お得意様やお客様に電話するときは、○○です、まずご無沙汰していますお元気ですか?とか、

お世話になりますとか、まずご挨拶しますよね。

神社参りも同じです。まず神様の名前を言って(云わなくて良い場合もある)ご挨拶して、感謝の

気持ちを伝えて、自分の近況を報告してからお願いするのがエチケットなのです。

神様の気持ちになれば分かると思います。(まず感謝の言葉が大事なのです)

 

基本的に神様は声に出さなくとも、考えてる気持ちは伝わります。

神社の入り口には狛犬がいますよね。普通は右側が阿(あ)像で口を開けて、左側が吽(うん)像

で口を閉じています。阿吽の呼吸とも云いますよね。

狛犬、神社の阿像と吽像

阿吽とは何も言わなくとも分かっている。お前の考えはお見通しだよと云う意味なのです。

寺や仏閣の阿像と吽像で、神社以外では阿像が左で、吽像が右のようです。

邪気や魔界のものを追い払う役目もしているようです。

阿吽とはサンスクリット語なので仏教から伝わったようですが、神社の狛犬のルーツは

エジプトのスフィンクスなのですが、いつの頃か阿像と吽像に変わったようです。

書き出すと、話がドンドンそれて長くなるので、今日はこの辺にしますね(笑)

では又・・・・管理人。

 

貴方のワンクリックが私のブログを書く原動力になります。

毎日、今日は何人押してくれたのか楽しみに見ているのですよ。


人気ブログランキング

 

 

 

 

 

 

 

calendar

S M T W T F S
 123456
78910111213
14151617181920
21222324252627
282930    
<< June 2020 >>

神の雷光全国へ届け!

亀仙人の性格と生き方に共感する。↓をクリック

拍手ボタン押して下さい。

selected entries

archives

recent comment

links

profile

search this site.

others

mobile

qrcode

powered

無料ブログ作成サービス JUGEM